文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

産婦人科で研修医自殺、学会が労働環境改善求める緊急声明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都内の病院の産婦人科で研修中だった30歳代男性医師が2015年7月に自殺し、労災認定されたことを受け、日本産科婦人科学会などは、産婦人科勤務医の労働環境改善を求める緊急声明を公表した。

 お産を扱う地域の基幹病院に重点的に産婦人科医を集約し、当直などの負担を軽減する同学会の取り組みを推進すると表明。各病院管理者に勤務実態の把握や労働環境改善などを求めている。

 男性医師は緊急の出産や当直勤務が重なり、長時間労働や休日出勤が常態化して精神障害になったことが自殺の原因と判断された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事