文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

モデル 道端アンジェリカさん

一病息災

[モデル 道端アンジェリカさん]乾癬(1)インスタ すっぴんの告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[モデル 道端アンジェリカさん]乾癬(1)インスタ すっぴんの告白

道端アンジェリカさん=鈴木毅彦撮影

 「 乾癬(かんせん) という皮膚の病気を持っています」

 今年5月、自身のインスタグラムで打ち明けた。一緒にアップしたすっぴんの顔写真は、小麦肌のあちこちに、ピンクに色が抜けた乾癬の痕が見える。今をときめくモデルの突然の告白は、大きな話題となった。

 乾癬は、皮膚が赤くなり、次第にその部分の皮膚が白っぽく細かいかさぶたのようになって、ポロポロと剥がれ落ちる。人には感染しないが、根本的な治療法がなく、長く続く疾患だ。

 モデルになりたいと思ったのは小学生の時。母親と一緒に、ファッションショーでランウェーを歩くモデルの映像を何度も見て、楽しそうだと思った。物心ついた頃から、野菜や果物が好きで健康的な食生活は身に付いていた。

 運動好きでもあり、母親から「モデルを目指すなら体のバランスがよくなる運動がいい」と言われ、長距離走や縄跳びをしていた。

 肌は弱かった。成長するにつれてよくなったが、以前はアトピー性皮膚炎で、肌のかゆみや赤くなることには慣れていた。

 だから、最初に乾癬の異変が起きた時も、「重大な病気だと思わなかった」という。膝の裏や肘に、100円玉ぐらいの赤い発疹ができたが、「肌荒れかな」と思うぐらいで、その時は深刻に受け止めなかった。

 5年ほど前の出来事だ。

  モデル  道端(みちばた) アンジェリカさん(31)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

モデル 道端アンジェリカさん

最新記事