文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん情報普及へ図書館活用…がんセンター、格差解消に向け冊子寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がんの情報格差をなくそうと、公立図書館を活用する取り組みを国立がん研究センターが始めた。個人や企業から寄付を募り、がん情報を集めた冊子セットを各地の図書館に贈る。相談できる医療機関のリストも置いてもらう。

 センターは、がんの最新情報を分かりやすく紹介した冊子「がん情報」シリーズ58種類を作成。がん診療連携拠点病院で無料配布するとともに、インターネットで公開している。

 今回の取り組みは、ネットを使えない人や近くに拠点病院がない地域に、がん情報を届けるのが狙い。寄付は1000円から。3万円で図書館1館分(閲覧用冊子58種類と配布用8種類370冊など)になる。

 寄贈先は、寄付者の意向も踏まえ、各都道府県立図書館と相談して決める。贈り先の図書館には、がんの相談窓口になる地域の医療機関リストや案内文書を置いてもらう。

 センターの高山智子がん情報提供部長は「すべての人が身近な場所で、信頼できるがん情報を得られるよう支援してほしい」と呼びかけている。

 寄付はサイト( http://www.ncc.go.jp/jp/information/donation/donation_ganjoho.html )でも受け付けている。

 問い合わせは、センターのがん情報ギフト担当(03・3542・2511)へ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事