文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元ちゃんハウスより~がんと生きる医師・西村元一の手紙

コラム

西村詠子さんに聞く(上)自らも「元ちゃんハウス」に支えられ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 胃がんを患う消化器外科医として、自らの闘病をヨミドクターのコラムでつづってきた西村元一さんが、5月31日に58歳で亡くなった。がん患者と医療関係者らが交流する「元ちゃんハウス」を金沢市内に開くために奔走した西村さんは、昨年末のオープン以来の様子もコラムで報告してきた。2年2か月にわたる病気との闘いを通じて、西村さんは何を思い、伝えようとしたのか。間近で支えてきた妻の詠子さん(58)に聞いた。(ヨミドクター 飯田祐子)

いきなり「ステージ4」の患者に

西村詠子さんに聞く(上)自らも「元ちゃんハウス」に支えられ

治療が始まった直後の西村さんと詠子さん。この3日前にがんが見つかった(2015年3月)

  ――金沢赤十字病院副院長で、大腸がんの診療・研究で知られていた西村さんが、胃がんだと分かったのは2015年3月。病巣は胃の入り口から食道にかけて広がり、肝臓やリンパ節など広範囲に転移。「治療しなければ、余命半年」との診断だった。

 普通なら「なんだか調子悪いな」と感じたり、検診で引っかかったりして、精密検査の結果を待つ間の不安を経験してから、がんを告知されるものです。でも主人の場合は、勤務中に下血して、すぐ胃カメラで調べたら大きな病変があった。それまで元気に働いていた人が、ある日突然、最も重い「ステージ4」のがん患者になったんです。

 以前から、よく「しゃあない」という言葉を口にしていましたが、あの時も同じように言っていましたね。分かったときには、もう進みすぎていて、そう言うほかなかったのかもしれません。

 主人の胃がんが見つかる前の2013年、私もぼうこうにがんがあることが分かりました。それはごく早期だったのですが、その時に肺に進行がんを疑わせる影が見つかったのです。それで私も死を覚悟しました。結局、肺の影はがんではなく炎症だったのですが、この時「肺がんは検診で発見できるのだから、それで死んだら後悔が大きいな」と思ったのです。

 だから主人に「ちゃんと検査してよ」と頼んだのですが、「調べて、何か見つかったらどうするの」と、冗談めかして答えるだけでした。患者さんのためなら大抵のことはいとわないのですが、自分のことは二の次という人でしたから。進行の早いがんだったので、あの時に発見されたとしても根治できたか分かりませんが、「もし検査を受けてくれていたら、今頃どうなっていたかな」と、ふと考えてしまいます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nishimura_200

西村 元一(にしむら・げんいち)

 金沢赤十字病院副院長、第一外科部長。1983年、金沢大学医学部卒業。同大学病院教授を経て、2008年4月より金沢赤十字病院外科部長、09年副院長に就任。専門は大腸外科。日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会など複数の学会の専門医・指導医。がんとむきあう会代表。15年3月、肝臓に転移した胃がんが見つかった。闘病前から温めていた「街中にがん患者が医療関係者と交流できる場所を」という願いを実現し、16年12月、金沢市内に「元ちゃんハウス」をオープンした。17年5月死去。がんとむきあう会のウェブサイトはこちら

元ちゃんハウスより~がんと生きる医師・西村元一の手紙の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事