文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

体内再現した「臓器チップ」、京大チーム開発…抗がん剤副作用も確認可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
体内再現した「臓器チップ」、京大チーム開発…抗がん剤副作用も確認可能

 人の臓器や組織の細胞を組み込んで、体内に近い状態を再現した「臓器チップ」を開発したと、京都大のチームが発表した。

 実験動物を使わずに抗がん剤の副作用を確認でき、医薬品の開発に役立つという。論文が英科学誌電子版に掲載された。

 チップは樹脂製で縦25ミリ、横75ミリ、厚さ5ミリ。半導体などを作る微細加工技術で、中に複数の小さな部屋を作り、部屋どうしを血管を模した極細の管でつないでいる。それぞれの部屋に臓器や組織の細胞を入れ、管を通して薬の成分が循環する。

 チームは、人の肝臓のがん細胞と心臓の筋肉の細胞を、別々の部屋に入れ、抗がん剤を注入。すると、肝臓がん細胞は死滅するが、抗がん剤の攻撃を受けた細胞が出す物質が循環して、心筋細胞も傷つけることがわかったという。

 京大の亀井謙一郎・特定拠点准教授(幹細胞工学)は「世界的に実験動物を減らそうという動きもある。将来は、より臓器に近いチップを開発したい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事