文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

社会保障給付が過去最高114兆円…15年度、高齢化や医療費増で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
社会保障給付が過去最高114兆円…15年度、高齢化や医療費増で

 国立社会保障・人口問題研究所は1日、2015年度の年金や医療、介護などの社会保障給付費が前年度比2・4%増の114兆8596億円となり、過去最高を更新したと発表した。

 高齢化の進展や、高額な医薬品の使用が増えたことに伴い、医療費が伸びたことが影響した。

 分野別に見ると、年金の給付費は前年度比1・1%増の54兆9465億円で、全体では47・8%を占めた。医療費は同3・8%増の37兆7107億円で、全体の32・8%。医療費の増加率は13年度の同2・1%、14年度の2%に比べ、大きくなった。介護費は9兆4049億円(同2・3%増)で、介護報酬のマイナス改定に伴い過去最低の増加率となった。

 社会保障給付費は、国民が利用した医療や介護などに対し、国や地方自治体が支払った費用。主に税や社会保険料を財源とし、国民の自己負担は含まない。社会保障給付費の総額は、統計を取り始めた1950年度以降、毎年、過去最高を更新している。同研究所は「高齢化の影響が大きい」としている。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事