文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ミュージシャン 野沢秀行さん

一病息災

[ミュージシャン 野沢秀行さん]腰痛(4)発症予防に鍛え直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 完治しないなら、腰痛が発症しにくい方法を探そう。繰り返す再発を経て、筋力の強化など全身を鍛え直すことにした。肩の凝りやバランスの悪い立ち方が、腰への負荷につながるからだ。知人にトレーナーを紹介してもらった。

[ミュージシャン 野沢秀行さん]腰痛(4)発症予防に鍛え直し

 3時間半に及ぶコンサート。トレーナーの助言で演奏中の心拍数を測った。バラードでは80前後。「勝手にシンドバッド」のような激しい曲では120近く。変化に対応するため、心拍数を測りながら速度を上げて歩く練習を始めた。

 演奏法も変えた。コンガなどをたたく際にまっすぐ立つ姿勢を保つように改めた。慣れるまで何年もかかったが、「昔よりいい音を出せている」という実感がある。地面からの衝撃を和らげるために、クッション性の高い靴や中敷き、靴下をそろえ、ステージの床にはマットを敷いた。

 「腰痛経験は誰かの役に立つはず」と周囲に勧められ、腰痛と向き合った約30年について本にまとめた。予防のための運動や、愛用の腰ベルトを紹介した。

 若い頃のような体力はない。普段からの備えに加え、腰に違和感があれば無理せずに休息をとる。「肩の力を抜いて頑張る」。心に余裕を持つことが、ベストの演奏を長く続ける秘策だと考えている。(文・米山粛彦、写真・松本拓也)

  ミュージシャン(サザンオールスターズ) 野沢秀行さん(62)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

ミュージシャン 野沢秀行さん

最新記事