文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

第11回 読売医療サロン「眼科医が見逃しやすい目の異常」

会員セミナー

眼科医が見逃しやすい目の異常(3)「眼瞼けいれん」と「眼瞼のけいれん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「眼瞼けいれん」と「眼瞼のけいれん」は違う 第11回読売医療サロンで会場の質問に答える若倉雅登・井上眼科病院名誉院長(右)。左は「目と心の健康相談室」の荒川和子理事長(6月29日、読売新聞東京本社で)=高梨義之撮影   堀川  まさに、心療眼科の先生ならではの貴重なお話です。それでは、あらかじめ会場の皆さんが寄せてくださった質問から、先生にお聞きしたいと思います。  質問者の方には、左側の目に「 …

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

会員セミナーの一覧を見る

第11回 読売医療サロン「眼科医が見逃しやすい目の異常」

最新記事