文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

眼科医が見逃しやすい目の異常(2)一番多い相談は眼瞼けいれん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
飛蚊症の多くは「気にしないこと」飛蚊症について説明する若倉雅登・井上眼科病院名誉院長(6月29日、読売新聞東京本社で)=高梨義之撮影  荒川  次は、医師からは生理的飛蚊症と言われた30代の女性の例です。近くでは何も見えないのですが、遠くを見るとき黒い物が同じ場所に見えるとのこと。不安でたまらないので、何度も眼科に行ってしまうとの訴えでした。  若倉  それでは、飛蚊症についてご説明しましょう。網…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事