文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

遠隔医療(3)250キロ先から医大が検眼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
稚内市内で検査中の患者の目を診る吉田さん。中央帯状の画像で網膜の状態などを確認した(旭川医大病院で) ハイビジョン画面には、目の奥の画像がオレンジ色に映し出されている。細かな血管などが見える。 北海道旭川市の旭川医大病院の眼科診察室――。画面に映るのは、北に約250キロ離れた稚内市の市立病院で検査中の主婦Cさん(47)の目だ。 Cさんは、糖尿病の進行に伴い、目の奥でフィルムの役割をする網膜が傷つく…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事