文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

再生医療用の細胞、無許可で製造…遺伝子検査会社に一時停止命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は14日、再生医療に使用する細胞を国の許可を得ずに製造していたとして、東京都内の遺伝子検査会社に対し、再生医療安全性確保法違反で製造の一時停止を命令したと発表した。

 厚労省は同日までに、同社の細胞を使ってがん治療をしていた全国18の医療機関に対し、健康被害の調査・報告を求めた。患者は100人以上に上るとみられるが、今のところ健康被害の情報はないという。同法に基づき、細胞の無許可製造で停止命令が出されたのは今回で2件目。

 命令を受けたのは「生命科学研究所」(東京都千代田区)で、6月12日付。厚労省によると、同社では、がん患者から採取された免疫細胞を増やすなどしていた。同法で義務付けられた国の許可を受けておらず、安全性などの検査も受けていなかった。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事