文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

がん治療と生殖医療 連携…抗がん剤前 卵子精子保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「治療後も子ども」指針  若いがん患者が、抗がん剤などの治療のために子どもを持てなくなるケースを減らそうと、日本 癌(がん) 治療学会は13日、治療後に子どもを持つ可能性を残す方法を示した初の指針をまとめた。生殖医療を担う医師との連携の拡大が期待されるが、技術や費用など課題も多い。   ■治療が最優先  抗がん剤や放射線などのがん治療は卵巣や精巣にダメージを与え、生殖機能が損われる恐れがある。受精…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事