文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

偏食と好き嫌い

元気なう

[偏食と好き嫌い](2)昼はおにぎりで元気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 子どものお弁当、どうしよう。忙しい親は日々悩む。そんな中、神奈川県横須賀市の津久井幼稚園は10年前から、昼食を週3回、おにぎりだけ持ってきてもらう「ノーおかずデー」にしている。

 園長の 余郷有聡よごうゆうそう さん(53)は「みんな喜んで食べていて、昼食を残す子はほとんどいません」と話す。

 以前は毎日、弁当を持参してもらった。子どもが嫌いなピーマンなどの野菜をおかずにする家庭もあったが、泣いて嫌がる子どもや、嫌いなおかずをわざと床に落とす子どももいた。

 「野菜が嫌いでも、ほかの食品で栄養を取れれば問題ない。今は脂肪の取り過ぎによる肥満が問題。昼の1食程度はおにぎりで十分」と主張する管理栄養士の幕内秀夫さん(64)に共感し、おにぎりだけのノーおかずデーの昼食が始まった。

 同園では毎日午前中の30分は園庭を走り回ったり、体操したりして十分体を動かす。昼食では大きなおにぎりを2個平らげる3歳児もいる。栄養不足で体調を崩したり、成長が遅れたりする子どもはいない。食物アレルギーを持つ子どももいるが、ノーおかずデーでは原因になる食品を食べる心配もほとんどない。

 朝の弁当作りから解放された分、子どもとゆっくり過ごせると親にも好評だという。

 「嫌いなものを無理して食べさせなくていいと分かると、親もイライラしなくなる。子どもが笑顔で楽しく食べるのが一番ではないでしょうか」と余郷さんは言う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元気なうの一覧を見る

偏食と好き嫌い

最新記事