文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

僕、認知症です~丹野智文43歳のノート

医療・健康・介護のコラム

消える記憶「何かおかしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

のびのび過ごした学生時代

消える記憶「何かおかしい」

「何か変だ……と感じてはいたけれど、認知症とは思いもよらないまま、月日が過ぎていきました」

 私は1974年2月、太平洋に面した宮城県南部の岩沼市で生まれました。中学は、仙台市内の私立校に入学。大学まで一貫教育のいわゆる「エスカレーター式」だったのをいいことに、勉強そっちのけで部活の弓道にあけくれました。

 大学では経済学部に進み、卒業後は、自動車販売の「トヨタオート仙台」(現・ネッツトヨタ仙台)に入社しました。車関係の仕事は全く考えていなかったのですが、企業の合同説明会でたまたまブースに入り、担当者が大学のOBだったのに縁を感じて試験を受けたら、内定をもらえたのです。進学や就職で厳しい競争と無縁でいられたのは、恵まれていたのかもしれません。

順風満帆の社会人生活

 営業に配属され、担当エリアの住宅を一軒一軒回ったものの、お客様となかなか会えなくて、販売台数も伸びませんでした。3年後、フォルクスワーゲンの販売店に異動になった際に、「この店でトップになりたい」と思い、これまでのやり方を見直すことにしました。

 お客様にどうしたら車を購入してもらえるかと考え、まずは自分のことを信頼してもらい、気に入ってもらえるように活動しようと思いました。恋愛と同じで、好きになってもらうには、まめに連絡するのが第一です。暑ければ、「熱中症に気をつけて下さいね」、雪がふれば、「昨日の雪は大丈夫でしたか」と、「いつも気にしていますよ」という気持ちを込めて電話をかけ、はがきもこまめに書きました。

 他のスタッフのやり方も観察して、いいと思ったことは何でも取り入れていきました。どうしても経験をつむと、専門用語を使うようになってしまい、お客様が理解しにくい説明になりがちです。若いスタッフの話をそばで聞いて、わかりやすい言葉などをまねるように心がけました。

 工夫を重ねて成績が上がると、働くのが楽しくなります。ますます仕事に励み、さらに売り上げが伸びていきました。

 プライベートでは、入社の翌年に同期の女性と結婚。2人の娘に恵まれました。申し訳ないことに、帰宅は深夜、休日も会社の同僚とゴルフに出かけたりと、あまり家にいない父親でしたが、妻のおかげで子どもたちはすくすくと育ってくれました。

 大きな悩みもなく、順風満帆といっていい人生を送っていたと思います。30代半ばで認知症の症状が表れはじめた時も、最初はほとんど気にとめていませんでした。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanno_200eye

丹野智文(たんの・ともふみ)

 おれんじドア実行委員会代表

 1974年、宮城県生まれ。東北学院大学(仙台市)を卒業後、県内のトヨタ系列の自動車販売会社に就職。トップセールスマンとして活躍していた2013年、39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。同年、「認知症の人と家族の会宮城県支部」の「若年認知症のつどい『翼』」に参加。14年には、全国の認知症の仲間とともに、国内初の当事者団体「日本認知症ワーキンググループ」を設立した。15年から、認知症の人が、不安を持つ当事者の相談を受ける「おれんじドア」を仙台市内で毎月、開いている。著書に、「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-」(文芸春秋)。

僕、認知症です~丹野智文44歳のノートはこちら

僕、認知症です~丹野智文45歳のノートはこちら

僕、認知症です~丹野智文43歳のノートの一覧を見る

最新記事