文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

旅行プラン、余裕を持って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日程詰め込まず休憩たっぷり

 この夏、旅行するシニアの方も多いことだろう。ただ、中には「せっかくだから、あちこち見たい」とスケジュールを詰め込み、途中で体調を崩してしまうケースもあるという。若い頃より体力は落ちているもの。「無理のないプランを立てることが肝心」と専門家はアドバイスする。

旅行プラン、余裕を持って

栃木県から観光旅行に来た女性3人組がベンチで一休みしていた。「水分補給も忘れないようにしています」(東京・浅草で)

id=20170707-027-OYTEI50001,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 「旅の経験があまりない年配の方は、『二度と来られないかも』『できるだけ見ておきたい』などと考え、つい無理な旅行をしてしまうことがあります」。海外120か国で観光客を案内してきたベテラン添乗員の原好正さん(69)はそう指摘する。

 例えば、短い期間に複数の観光都市を次々に訪ねて回るツアーは魅力的だ。だが、原さんは「予約の前に、どんな旅行になるのか、パンフレットと地図、ガイド本を広げて想像してみてください」と話す。早朝に起きてバスの長距離移動と観光地の見学を繰り返すようなツアーもある。

 シニア世代は自分の体力をよく考えたい。「せっかくのイタリア旅行なのに2日目でダウンした、という事例もあります。体調を崩しては楽しいはずの旅が台なしです」

 訪問する観光地の立地や歩く道の状況についても、ガイド本などでよく調べておきたい。古い街並みや遺跡、寺社は年配の方に人気のスポットだが、一方で坂道や階段が多かったり、道が舗装されていなかったりすることもある。また、美術館巡りは、意外に長時間歩くことも。

 日本旅行業協会広報室長の矢嶋敏朗さんは、「こうした場所を見学した後には、たっぷり休憩時間を取ってほしい。足に自信がない人は、坂道は観光用のタクシーを利用して」とアドバイスする。

 ホテルも、予約前にバリアフリーへの配慮が行き届いているか確認しておきたい。膝の具合がよくなくて畳に座れないといったこともある。「食事は大広間でも椅子に座ることができるか」といった不安や質問は、宿や旅行会社に問い合わせておく。

 最近は、高齢者向けのツアー商品もある。クラブツーリズム(東京)では、〈1〉1日の見学場所を平均3か所以内に絞る〈2〉見学時間は通常の1・5倍以上取る〈3〉歩く時間は30分~2時間に抑えて休憩も90分に1回は取る――といった配慮をしている。こうした考え方は、個人旅行のプランを立てる際にも参考になる。

 矢嶋さんは「『お金を払って来たのだから全部見ないと』と無理をしがち。でも、もし体調がよくないなら、その日は途中で観光をやめてバスの中で休む、ホテルで一日寝ている、といった判断をしてほしい。それが楽しい旅につながります」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事