文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

泉麻人さんと「健康ウォーク」…20人が東京名所を再発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「平将門の首塚」の前で参加者に説明する泉さん

「平将門の首塚」の前で参加者に説明する泉さん

 読売新聞が運営する医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」では6日、健康ウォーク「泉麻人と歩く!東京名所」(NTTドコモ協賛)を行った。東京の街歩きの本を執筆しているコラムニストの泉麻人さん(61)が、「武家と商家の街並みが垣間見える」という、東京・大手町と神田神保町をめぐる約4キロの周回コースを選定した。

 泉さんを先頭に、事前に応募した参加者ら約20人が、東京・大手町の読売新聞東京本社を午後2時半に出発。「平将門の首塚」や、関東大震災で奇跡的に生き残った「震災いちょう」などを見て回った後、神田神保町の喫茶店や古書店街を巡り、約2時間かけて大手町に戻ってきた。

 東京都足立区の井口捷三さん(75)は「よく来ている場所なのに、泉さんの説明で、町名の由来など、初めて知ることができた。歩数計アプリを見たら約1万歩で、歩く距離としてもちょうどよかった」と話していた。

「震災いちょう」の周りをウォーキングする泉さんと参加者

「震災いちょう」の周りをウォーキングする泉さんと参加者

東京・神田神保町の喫茶店が並ぶ通りを歩く

東京・神田神保町の喫茶店が並ぶ通りを歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事