文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

機器を使い回さない歯科を探すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部 渡辺理雄

 「ハンドピースの使い回し」の記事を初めに書いたのは、2014年5月でした。「よくぞ書いてくれた」という声が、院内感染対策を講じている歯科医から上がる一方、やはり歯科医または歯科関係者と思われる方から、「誰に書かされたのか」「院内感染対策の費用がかさんで、保険で歯科治療を提供できなくなる」などの意見も寄せられました。

 今回の記事を出した後も、同じような反応です。「歯科ばかりを糾弾するのは何の意図か。飲食業界の食器、フォーク、スプーンも同じ問題では」「あなたは死ぬまで100%健康保険を使わない歯科医院に行けばいい」など。

 上のような意見を持っている歯科医がいるクリニックには、なるべく行かないことです。

 では、手袋や歯を削る医療機器(ハンドピース)の使い回しをせず、患者ごとに交換している歯科医院を探すにはどうすればいいでしょうか。

 歯科医師に、面と向かって「ハンドピース換えていますか」とは、聞きにくいと思います。長年診てもらっている歯科医に対しては、なおさら気が引けます。

 実は、もっとスマートに、歯科医院の院内感染に対する姿勢がわかる方法があるのです。しかも待合室を見渡すだけでOKです。

 「歯科外来診療環境体制加算(外来環)の施設基準を満たしている」旨の掲示がないか探してみてください。これは、院内感染対策や医療安全対策の体制を整えたとして、厚生労働省の出先機関である地方厚生局に届け出ていることを意味します。

 この外来環を掲げている歯科は、(1)ハンドピースなどを患者ごとに交換(2)専用の洗浄・滅菌装置の使用(3)常勤の歯科医が院内感染対策に関する研修を受講――などの点で院内感染対策をしています、と公に届け出ていることになるので、情報として参考にできます。全国で1万5000以上の歯科医療機関が外来環を取っています。

 かかりつけの歯科医院で外来環の院内掲示がない場合は、近くで外来環を取っている歯科がないか探してみましょう。歯科医院のホームページには、この外来環をアピールポイントにするクリニックも増えています。

 特定NPO法人の歯科医療情報推進機構(iDi)のホームページでは、外来環を取っている歯科医院を地図上で検索できます。iDi会員となっている歯科医院だけなので、200程度ですが、これも近くにないか見てください。

 歯科医療情報推進機構( http://www.identali.or.jp/

 さて、最後の手段は、少しハードルが高く聞こえるかもしれませんが、厚生局のホームページで探すことです。

 まず、お住まいの地方厚生局の都道府県事務所のホームページにアクセスしてください。「地方厚生局 東京事務所」などのキーワードで検索すれば出てきます。所管法人等のコーナーに「保険医療機関・保険薬局の施設基準の届出受理状況及び保険外併用療養費医療機関一覧」という表示があります。

 ここをクリックすると、「施設基準の届出状況」というところに行きます。ここで見たい都道府県の「歯科」をクリックすると、自動的に歯科医療機関の一覧のPDFファイルが開きます。このファイルの「受理番号」の列のところに、(外来環)の表記がある施設は、取得済みの歯科医院です。

 外来環を取っている歯科医院は絶対信頼できるか、と聞かれれば、100%そうではないでしょう。しかし今のところは、公的な情報は外来環だけといってもいい状況です。外来環について歯科医に尋ねる患者が多くなれば、今は院内感染の意識が高くない歯科医院も変わっていくのでは、と思います。

渡辺理雄

 渡辺理雄(わたなべ・みちお)

 2008年12月から医療部。脳卒中、リハビリテーション医療などを取材している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

4件 のコメント

コメントを書く

健康の論理と経営の論理 減価償却と人件費

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

都心部地価の高騰と最先端機器のランニングコストも人件費や安全のための費用が抑制される大きな原因です。 医療人は健康のために仕事をいますが、雲や霞...

都心部地価の高騰と最先端機器のランニングコストも人件費や安全のための費用が抑制される大きな原因です。
医療人は健康のために仕事をいますが、雲や霞を喰って生きているわけではありません。
なので、郊外に基幹病院を作る組織も出ていますし、いずれは病院のハコモノを売ってしまう組織も出るのかもしれないですね。

一部病院の経営危機の噂もありますが、過当競争の構造に陥れば、適正医療よりもカネ儲けにシフトしてしまうのは人情です。
保険医療はだいたいの総額が決まっていますし、患者はそんなに大きく動かないものですが、収益を上げるには、患者数が増えるか、一人当たりの収益をあげないといけません。

一方で、医療ではなく、一般経営の目線で見ると見え方も変わります。
客単価の良い顧客でもある患者の奪い合いのために、エース医師や最新手術機械を巡って、身の丈以上の経営に踏み切る医療機関も出るでしょう。
実際に、教授の移籍のニュースなんかもありますし、高額機械の償却に頭を悩ませる医師や経営者の話も聞きます。
(採算を度外視して研究費の投入される機関との競争は大変です。)

そして、一般の人件費は削減されます。
サービス残業は実質給与の押し下げです。
その構造では安全と教育の費用が下がります。

また、ランニングコストや手術実績のための、過剰手術なんかも想定されます。
早期発見早期治療(介入)は多くの疾患のコンセンサスですが、そうすべきでない疾患ももちろんあります。
そういう部分に放射線科や病理科が警鐘を鳴らす必要はあります。

少し話は変わりますが、適性診療は魚の乱獲の問題にも似ています。
個々の健康は取り返しつきませんし、医療のエンジンが大きくなっている以上、ブレーキやエアバッグも高性能であるべきです。

つづきを読む

違反報告

使いまわしと交換

ねね

 以前歯科で仕事をしていました。 手袋は使いまわし、タービンなどの先端は患者ごとに交換です。(本体はアルコールワッペで拭く)  =手袋以外はすべ...

 以前歯科で仕事をしていました。
手袋は使いまわし、タービンなどの先端は患者ごとに交換です。(本体はアルコールワッペで拭く)
 =手袋以外はすべて交換滅菌です。

 望ましいのは手袋と器具の全交換だと思います。
他の歯科医院はどうされているのか気になり投稿しました。

つづきを読む

違反報告

AIとITと新研修医制度が変えたもの

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

補足すると、今の多くの医療機関のトップから中堅の40-60代は団塊の世代の背中を追って、馬車馬のように働いたと言われています。 医療界では旧研修...

補足すると、今の多くの医療機関のトップから中堅の40-60代は団塊の世代の背中を追って、馬車馬のように働いたと言われています。
医療界では旧研修医制度で、医療内外の社会も安定した状況ながら、いまよりもブラック企業状態でスタートの方が多かったと聞きます。

だから、ルールが変わった社会を生きる若者の論理を、頭で理解できても、感覚的に理解や共感できないのだと思います。

制度や器材が変わっても、実際に、状況が可視化されて認識が変わるには、10-30年の世代交代の時間が必要です。

医療崩壊なのか、医療システムの変化の過渡期なのか、文脈によってみられ方も違いますが、IT化社会とグローバリゼーションの可視化が急速に進んでいるのに、見えていない人も多いのだと思います。

失われた10年が20年になり、30年になりつつある状況ですが、それだけ、社会構造の変化を人間は嫌います。
ITやAIの進化が少なくない医者や技術者の仕事を脅かすことも、IT化に伴う「ラッタイト運動」の亜型に繋がりますが、それを理解している人はどれほどいるか?

こういうことを普通のお医者さんは知りませんので、心情的な側面も含めて、余計に答えの共有が遅れているのではないかと思います。
多くのベテランにはそれを考える時間が減らされています。

もっとも、AIやITは医者の支えを必要とします。
多くの人は機械より人間を信じたいものです。
勝った負けたではなく、AIやITと共存する能力や姿勢が医療人には求められています。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事