文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新がんワクチン治験へ…免疫力向上に期待、理研が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 免疫力を強化してがん細胞を殺す新たなワクチンを、理化学研究所の藤井真一郎チームリーダー(免疫学)らが開発し、今月中にも臨床試験(治験)を始める。東京大学医科学研究所病院で急性骨髄性白血病を再発した患者に投与し、安全性や有効性を確かめる。

 ワクチンは、人の細胞を遺伝子操作して作った細胞「エーベック(aAVC)」。aAVCは、免疫の標的となる抗原を大量に作ってがん細胞を攻撃しやすくするほか、免疫細胞を活発にさせる働きを持つ。aAVCを患者に注射して、がん細胞に対する免疫力をアップさせる仕組みだ。

 治験では、東大医科研の東條有伸教授らが、患者に投与するaAVCの量を段階的に増やすなど有効な投与方法を見極める。期間は約1年を予定している。

 すでにマウス、イヌなど動物を使った研究では、がんが縮小し、効果の持続を確認した。これまでの抗がん剤と違い、副作用や薬剤耐性を持つがんの出現は認められないという。藤井リーダーは「様々な種類のがんに対応できる」と話す。

 血液がんの免疫療法に詳しい香川大学の門脇則光教授(血液内科学)は「免疫の働きを総動員する独創的ながんワクチンで、細胞を大量生産できる点も実用的だ。治験で有効性が示せれば、様々ながんに対して有望な治療になるだろう」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事