文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

左右の肺、上部同士を組み合わせ移植…岡山大病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岡山大病院は2日、脳死患者から提供された左右の肺の上部を組み合わせ、左肺として移植する脳死肺移植に成功したと発表した。

 この方法での移植は世界初という。

 発表によると、岡山県の50歳代の女性患者に移植した。女性は2007年に肺気腫を発症。11年に右肺の移植手術を受けたが、左肺の病状が悪化していた。

 今回、脳死患者から提供された両肺は下部の状態が悪く、左肺の全てを使う方法では移植できなかった。このため、左肺の上半分と右肺の上部3分の1をそれぞれ、女性の左肺の上部と下部に移植した。手術は1日に実施。女性の体調は良好という。執刀した 大藤剛宏おおとうたかひろ 教授は「国内ではまだ臓器提供者が少ない。提供された臓器で活用できる部分を生かし、患者を救っていきたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事