文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

医療・健康・介護のコラム

腰痛治療、専門医の薦める病院選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
xf4595202086e-[更新済み]-200

 医療部 加納昭彦

 「病院の実力アンケートに一言、苦言を言いたい」

 そんなドキッとする言葉から始まるメールが先日、私の元に届いた。静岡赤十字病院脊椎センター(静岡市)センター長の小川潤さんからで、「病院の実力・腰痛治療アンケート」に回答した専門医だった。そんなメールをくれた理由を聞こうと、恐る恐る電話した。

 小川さんの主張はこうだ。

 「手術件数の多い病院は信頼度が高いというのは、ほとんどの診療科に当てはまる。ただ、腰痛治療にだけは当てはまらないのではないか」

 腰痛治療では、どこが悪いのかを見極める診断が手術の技術と同じくらい重要だ。痛みの原因を科学的に説明できることが大切で、画像だけを見て出っ張っている箇所を全部削ることは科学的ではない。中には、もうけのために何か所も削ったり、入れなくてもいい金属を入れたりする施設もあるほか、名声や自己 研鑽けんさん のために件数を増やしている所もあるという。

 小川さんによると、仮に手術で治らなくても、その患者と最後まで向き合ってくれるのが良い医師だという。

 自分の手術は完璧だと言って患者を放り出す医師がおり、患者は途方に暮れてしまうという。実際、小川さんが所属する静岡赤十字病院には、そんな患者が「どうしたらよいでしょうか」と訪ねてくることも少なくないという。

 では、どのように医療機関を選べばよいのか。小川さんは「地元の整形外科か、かかりつけの開業医にどこが良いか紹介してもらうのが一番よいでしょう」と話す。

 また、腰痛の原因や治療法について、相手の目を見て、納得いくまでわかりやすく説明してくれる医師を選ぶとよいという。

 腰痛治療に詳しい慶応大整形外科教授の松本守雄さんにも、どのように病院を選べばよいか尋ねてみた。

 松本さんは「手術を受けた患者の数が多いほど、一般的に手術のレベルは高くなる。病院選びの参考になる」とした上で、その他に病院選びの参考になる情報は何かを教えてくれた。

 (1)手術を受けた患者のその後をフォローしているか。

 手術が必要な患者に適切な手術をしても、結果が良くならない人は一定の割合で出てしまう。大事なのは、そのような患者をフォローするかどうか。手術のやりっぱなしは良くない。腰痛治療の手術を受けた患者の2年後をどれだけフォローしているかを医師に聞いてほしい。その後連絡がとれなくなる患者もいるため100%のフォローは無理だが、そうしたデータのある医療機関は信頼できる。

 (2)30日以内の再手術の割合

 最初の手術からあまり時間をおかずに行われる再手術の割合は、手術の手技と手術後の管理の適切さを示す。医療機関側にとってみれば出したくないデータだが、尋ねてみるといい。隠さずに出してくれれば、誠実な医療機関だと判断できる。

 (3)手術後の改善度

 これは手術の手技のうまさ、診断の確かさを示す。手術から1~2年後など、一定期間が過ぎた後にアンケートをし、その後の経過を聞いている医療機関もある。

  2700万人以上が悩まされているという腰痛は国民病だ。小川さんや松本さんは今回、腰痛治療で信頼できる病院を選ぶためのヒントを教えてくれた。2人に共通するのは、術後の経過が良くなくてもしっかりと最後まで向き合ってくれるかどうかという点だろう。

 「病院の実力アンケート」のほか、小川さんや松本さんの視点も踏まえ、あなたにとって良い医療機関を探してほしい。

 関連記事

 「 治らない腰痛…神経締め付けの可能性
 「 わたしの医見・新情報の大切さ
 「 わたしの医見・腰痛手術新情報 問い合わせ多数

  病院の実力・腰痛手術、「低侵襲」で負担減…保存療法と比較、最良の選択

加納昭彦

 加納昭彦(かのう・あきひこ)

 社会部などを経て2011年4月から医療部。がん、生活習慣病などを担当。趣味はフットサルとランニング。最近、マインドフルネスを始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

整形外科医の中と外の腰痛

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

慢性の腰痛は内科健診でもよく見かけて、時間があればサービスで対応します。 多くの腰痛は猫背、姿勢、筋力あたりの問題から来ます。 頭の重みと椎体の...

慢性の腰痛は内科健診でもよく見かけて、時間があればサービスで対応します。
多くの腰痛は猫背、姿勢、筋力あたりの問題から来ます。
頭の重みと椎体のバランスの問題で、しばしば、長時間のデスクワークなどの仕事やスポーツやファッションの影響もあります。

状況や本人の気分などにより、目指すゴールは変わります。
高齢者の場合、長年かけてできた姿勢を短時間に矯正しようとすると悪くなる場合もありますし、社会人に仕事の変更を強要することも難しいでしょう。

「どこの整形外科や整骨院がいいんですか?」
とか言われても、なかなか難しいものがあります。
医者の仕事は専門家同士でさえブラックボックスは大きいですし、医師と患者の相性の問題もあります。

ただ、元放射線科医の目線から言えば、難治性の腰痛に対して、他医や他科の眼をどこかでいれる整形外科医は信用できるように思います。
(生活習慣や内科系疾患から直接間接に発生する腰痛なんかもありますし、ヘルニアなどの慢性腰痛に隠れて、内科疾患が発生したりすることもあります。
種々の痛みを混同したり、主治医に言い忘れるなどが原因です。)

そういう総合的な診断、末永いおつきあいの部分と手術は少し性質が違いますが、疾患や患者状況の理解という意味では共通になるのかなと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事