文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

膝のポキポキ音が、将来の膝痛を予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
膝のポキポキ音が、将来の膝痛を予測

 しゃがんだ拍子に膝がポキッ。立った瞬間に再びポキポキッ。こんな風に膝が鳴るのは、日常ではよくあること。痛くもかゆくもないので気にする人はほとんどいないだろうが、本当にそれで大丈夫? このたび、米国のベイラー医科大学などの研究グループからちょっと気になる研究結果が報告された。膝のポキポキ音があると、膝痛を伴う変形性膝関節炎の症状が出現するリスクが高くなるという。研究の詳細は、5月4日発行の医学誌「 Arthritis Care & Research 」に掲載されている。

変形性膝関節症の症状出現リスクが1.5倍に

 加齢や肥満で長年膝に負担をかけ続けていると、クッションの役割をしている軟骨が摩耗して、関節が変形してしまう。それが変形性膝関節症だ。進行するにつれ歩行時の痛みのため、日常生活や動作が大きく制限されることになる。X線検査で診断がつくケースと、膝痛などの症状のみが認められる症候性変形性膝関節症とがある。

 研究グループは、米国内で行われた関連試験の参加者で、参加時に変形性膝関節症の症状のない3,495人を対象に、膝のポキポキ音と症候性変形性膝関節症の発症との関連を検討した。対象者の平均年齢は61.1歳、体格指数(BMI)の平均は28.2kg/m²だった。

 試験開始時から3年にわたって毎年行われる定期検診時に、膝のけがや変形性関節症を評価する「KOOS」という質問票を利用して、ポキポキ音の頻度を評価した。膝の痛みについての評価とX線検査は、試験開始時から4年間、毎年実施した。

 その結果、「膝を動かしたときにきしみを感じたり、音が鳴ったりすることがあるか」との問いに、「まったくない」と答えた人に比べて、「まれにある」「時々ある」「頻繁にある」「いつもある」と回答した人は、症候性変形性膝関節症の発症リスクがそれぞれ1.5倍、1.8倍、2.2倍、3.0倍高かった。つまり、膝がポキポキ鳴る頻度が高いほど、症候性変形性膝関節症の発症リスクが上昇するということだ。

 試験参加時に、症状はないが、X線検査により変形性膝関節症と診断されたのは26%だった。そして、試験期間中に症候性変形性膝関節症を発症した人のうちの75%以上を、この参加時に症状がなく、X線検査で変形性膝関節症と診断された集団が占めたという。

 研究グループは、「膝がポキポキ鳴るという症状は、これまで患者から訴えがあってもその意義についてはよく分かっていなかった。しかし、今回の研究結果により、変形性膝関節症のリスクを持つ人の識別、発症の予測に有用であることが示された」と本結果を評価した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

kenkohyakka

あなたの健康百科
あなたの健康百科はこちら

あなたの健康百科 by メディカルトリビューンの一覧を見る

最新記事