文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「がんゲノム医療」で遺伝子一括検査、18年度に保険適用…厚労省が工程表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がんの遺伝情報を使って最適な治療法を選択する「がんゲノム医療」について、厚生労働省は27日、実用化に向けた工程表を発表した。

 がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を、2018年度中に保険診療で行うことなどを盛り込んだ。

 工程表は、厚労省の有識者懇談会(座長=間野博行・国立がん研究センター研究所長)がまとめた報告書を踏まえて作成した。

 それによると、17年度中にがんゲノム医療の「中核拠点病院」を全国7か所程度指定。現在は全額患者負担で行われている遺伝子の一括検査について、同年度中に一部で保険がきく「先進医療」制度を適用して有効性などを確かめ、18年度中に保険診療を導入する。

 実施医療機関は19年度以降、拡大していく方針だ。また、患者の遺伝情報などを集約する「がんゲノム情報管理センター」を18年度前半に開設する。

 がん関連遺伝子の一括検査を保険診療で行えば、受診する患者が増えて大量の遺伝情報を集めることができる。がんに関連する新たな遺伝子変異の発見など、ゲノム医療の研究が加速することが期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事