文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

認知症「前段階」にも幅…4年追跡、半数が回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
悲観しすぎは禁物  認知症の前段階として注目される軽度認知障害( MCI※ )。そう判定された高齢住民を4年間観察すると14%が認知症に進んだ一方、46%は正常に戻った、との調査結果を国立長寿医療研究センターの研究班がまとめた。高齢者が認知機能をチェックする機会が増えているが、一度判定されても悲観せず、前向きに健康的な生活習慣を心がけたい。   ■国内400万人  MCIとは、記憶力や注意力などの…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事