文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

COPD、治らないと言われた

 4か月間、せきやたんが続いています。COPD(肺気腫)と言われ、吸入ステロイド薬を使っていますが、良くなりません。たばこは10年前にやめましたが、それまで45年ほど吸っていました。治らないと言われましたが、今後、どうしたらいいでしょうか。(75歳男性)

呼吸器内科で正確な診断を

永田 真 埼玉医科大学 呼吸器内科教授(埼玉県毛呂山町)

 COPD(慢性 閉塞へいそく 性肺疾患)とは、以前は肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていたものの総称です。日本人のCOPDは、喫煙によることが多いので、まず完全に禁煙することが大切です。質問者がたばこをやめているのは、すばらしいことです。

 喫煙習慣があった高齢の方で、せきやたんが続く場合、COPDの可能性は高いと考えられますが、診断には呼吸機能検査や他の疾患との鑑別が必要です。まずは呼吸器内科で正確に診てもらいましょう。

 なぜなら、薬の使い方に違いがあるからです。質問者は吸入ステロイド薬を使っています。気管支ぜんそくの治療でよく使われますが、COPDの治療では、補助的な役割です。

 COPDで最も重要な治療薬は、吸入タイプの長時間作用型気管支拡張薬です。気道を広げる「β2刺激薬」と、気道を狭める神経の作用を遮る「抗コリン薬」があって、この2種類を配合した薬も普及しています。

 吸入タイプの薬は、患者さんが適切に使用でき、効果を最大限引き出せるよう、使い方について指導を受け、習熟することが重要です。

 また、運動療法や栄養管理を含む、呼吸のリハビリもあります。専門スタッフに正しく指導してもらって適切にできると、患者さんの運動能力や生活の質の改善、入院リスクや不安感の減少などが期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。