文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

笑顔絶やさず、どこまでも愛してくれた…海老蔵さん会見・一問一答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
笑顔絶やさず、どこまでも愛してくれた…海老蔵さん会見・一問一答

涙を流しながら会見に応じる市川海老蔵さん(23日、東京都渋谷区で)=田村充撮影

A:昨日夜に妻・麻央が旅立ちました。思った以上に皆さまに伝わったのが早かったということで、急きょ、このように皆さまにお時間を作っていただきました。ブログや、アナウンサー時代から妻のことを応援してくださった方々にご報告ということです。

Q:麻央さんの最後の時は、どなたが () 取られて、どんな言葉を交わされたのでしょうか?

A:昨日、私は舞台が終わった後に、ここで別の撮影があり、その後に、ロビーでまた別の稽古がありました。その時に、(麻央の)お母様からLINEが来ていたのですが、見ることができず、約1時間半ほど遅れて見た内容が、「具合が悪い」と。お医者様も来ていて、家族を呼んだ方がいいというような内容でございまして。私も慌てて、急いで家に帰ったわけです。帰りますと、まだ麻央はこの世にいてくれて。本当にたまたまなのですが、私がちょうど妻の前に座りました。一昨日まではしゃべれたのですけれど、昨日はずっとしゃべれずにいた。息を引き取る瞬間を私は見ていました。その時、これは本当に不思議なのですが、「愛している」と言って。泣いちゃいますよね。その一言、「愛している」と言って、本当にそれで、そのまま旅立ちました。

Q:「愛している」という言葉は、麻央さんは受け止めたように見えましたか?

A:僕が言ったわけではなくて、彼女が旅立つ間際に、「愛している」。「る」が聞こえたか、聞こえないか、ちょっと分からなかったのですけれども。こんなに愛されていたのは、よく分かっていたんですけれども。最後の最後まで、愛してくれていたことに。何とも言えませんね。昨日の今日で、何も準備ができていなくて。このようなところで、お見苦しいところをご覧にいれてます。

Q:最後、自宅で送ってあげることができたのは良かったのでは?

A:それはとても良かったと思います。お母様も、お父様も、私も、麻耶さんも。子供たちもずっとそばにいられたので。私は、父は病院で亡くしている。家族の中で、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思います。

Q:お子様も含めて皆さんで送ることができたと?

A:はい、そうですね。子供たちも見ていました。

Q:麻央さんは闘病で、つらい中でも勇気、愛情、笑顔を忘れずに闘ってこられたんですけれども、麻央さんの生き方については?

A:おっしゃる通り、本当に笑顔と勇気と愛情を、そして決してぶれない自分。そしてどんな状況でも、相手のことを思いやる気持ち。愛ですよね。そういった力が、最後までぶれず、一昨日まで笑顔で話していた。昨日はやっぱりちょっと調子が悪かった。我々家族も、急にそういうふうになってしまったので戸惑った部分、すごく大きかったです。

Q:海老蔵さんからは、亡くなる前に麻央さんにどのような言葉をかけられたのですか?

A:この世にある、ありとあらゆる言葉を耳元で話していました。

Q:海老蔵さんにとって、麻央さんはどんな存在でしたか?

A:私のどんな部分も、どこまでも愛してくれていたのだなと。できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って。彼女には、もっと幸せに、もっと楽しく、家族やお友達やご家族、麻耶さんやお母さんやお父様、そして私が役者として成長していく過程を、ずっと見守ってもらいたかった存在です。

2人の子ども、昨日は麻央のそばを離れず…

Q: 麗禾(れいか) ちゃんや 勸玄(かんげん) 君の様子は?

A:麗禾は、昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。彼女の横でずっと寝ると言って、寝ていました。認識はしていると思いますね。勸玄はまだ、分かっているのですけれど、分かっていないところもあって。今日の朝も、麻央が横になっているところで2人が、麻央の顔を触ったり、足をさすったり。手を握ったり。そういうところを見ると、私が今後背負っていくもの、やらなくてはならないこと、子供たちに対して、とても大きなものがあるなと痛感しました。

Q:奥様から学んだことで、どういったことを伝えたいと思いますか?

A:彼女は、自分が歩んできた過程の乳がんやそれに伴う病に対して、自分が治ったならば、こうしたい、ああしたい、多くの人の救いになれるような存在になりたい、ということで、一生懸命闘病しました。それでブログも始めたのです。マスコミさんのおかげで、ある意味、公になって、本当にありがたかったと思いますよ。同じ病の人たちや苦しんでいる方々と、悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は、何か人ではないというか。すごい人だなっていうか。言い方おかしいですけれど。とにかく総合的に教わったこと、そしてまだ今後も教わり続けることは、「愛」なのだと思いますね。

Q:3年間の闘病生活で、今思い浮かぶ麻央さんの姿というのは?

A:どういう表情? 全部ですね。初めて会った時の彼女から、今の、今日の朝まで全部。全部ですね。

Q:笑顔が多かった?

A:そうですね。多かったと思います。

Q:これまでいろいろな会話をされてきて、海老蔵さんやお子様たちへの言葉で、印象に残っているものは?

A:心残りだと思います。2人のことについて。どうすればいいのだろうって。考えても答えが出なかったものだと思います。ですから、いろいろなこともあり、今回も子供たちが出演したり。7月も出る、せがれが出るのですけれど。そういうのを見に来ることを、一つの目標として、いろいろなものを作ったんですけれど。でも、きっと見ていると思うのでね、だから、心配で心配でしょうがないのじゃないでしょうか。

Q:海老蔵さんが託されたものは?

A:ちょっと多すぎて、言葉に出せないですよね。これからも今、舞台をやっていたわけで。この後も舞台がありますし。来月もすぐありますし。子どもの稽古もありますし。麗禾の成長のことも考えますし。5歳と4歳ですから。これから、お母さんという存在が、彼女や彼には非常に重要な存在なわけではないですか。それは、失った。僕は代わりにはなれないですけれども、できる限りのことをやっていくようにと、思っていますね。

Q:麻央さんがよく言っていた言葉で思い出されるのは?

A:お姉さん、麻耶さんがちょっと調子悪くなった時に、例えば私が舞台で非常に疲れた時も。そしてお母様が看病で疲れている時も。麻央の方がもちろん、大変なのに。やはり自分よりも相手のことを心配する優しさ。こういう「言葉」ということではなくて。どこまでも自分よりも、相手のことを思う気持ち、一番多かったですね。

Q:麻央さんとは、改めてどんな奥さんでしたか?

A:僕を変えた奥さんなのではないですか。

Q:どんな時に?

A:分かりません。

Q:麻央さんが、プロポーズの時に来世も再来世も一緒にいようという言葉が響いたとおっしゃっていましたけれども?

A:その話もしました。ですが、僕が愛想つかされないように頑張らないといけないな、と。

Q:その話をされた時、麻央さんは何とおっしゃっていましたか?

A:まだ元気な時? すごく喜んでいましたね。

Q:改めて麻央さんに伝えたいことは?

A:まだね、昨日の今日なので。こういうところも聞いていると思うので。全部聞いていると思うので、言うことは言わなくても伝わると思うので。いつも思っているよってことですね。

Q:麻央さんのブログに励まされた方には何か?

A:麻央のブログや麻央の存在で励まされた方々がいらっしゃるということで、今回のこういうような形も、とらせていただいたと思うんです。実際、そういうことがなければ、このようなことをご報告すること自体が形としては、どうかと思います。ですが、そういう麻央のことを応援してくださった多くの方、そして麻央のことを、共に闘っている方々、本当に昨日、先に旅立ちましたけれども。ずっと麻央はきっと、皆さまのそばにもいると思うので。本当にいろいろ、ありがとうございました。

妻の小林麻央さんが死去…海老蔵さん会見で涙

【45~240MB 時間:20分02秒】

→医療大全「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/iryo-taizen/archive-taizen/OYTED551/

→病院の実力「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/byoin-no-jitsuryoku/archive-jitsuryoku/?has-enquete=has-enquete&disease=OYTED551

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事