文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPS由来の「ミニ肝臓」、安全性チェックできる技術を開発…横浜市大など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPS由来の「ミニ肝臓」、安全性チェックできる技術を開発…横浜市大など

 横浜市立大などの研究チームは、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)などから作った「ミニ肝臓」について、安全性をチェックできる技術を開発したと発表した。

 論文が、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。チームは、重い肝臓病の赤ちゃんにミニ肝臓を移植する臨床研究を計画しており、2019年度の申請を目指している。

 同大の谷口英樹教授らが作製したミニ肝臓は、大きさ5ミリ程度の立体的な組織で、「 肝芽かんが 」と呼ばれる。マウスに移植すると正常な肝臓と同じ働きをすることが、既に確かめられている。ただ、iPS細胞から肝細胞のもとになる細胞を作る際、うまく変化しない細胞があると、がんなどの腫瘍ができるリスクがある。

 そこでチームは、同じ条件で作製した複数の肝芽のうち、1個を取り出してサンプル調査する手法を考案した。肝芽を構成する約50万個の細胞のうち約2000個について、それぞれ約1万種類の遺伝子がどのように働いているのかを解析。リスクのある細胞の有無を、高い精度で見分けられることが分かった。さらに精度を高め、将来は移植する臓器の品質管理などに応用したいという。

 紙谷 聡英あきひで ・東海大准教授(幹細胞生物学)の話「細胞の状態が詳細にわかるため、解析する細胞数を増やすなどして精度が高まれば、移植する臓器の品質を評価できると考えられる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事