文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアニュース

ニュース・解説

医療機関3か所以上に通院している高齢者、9割が薬5種以上の多剤処方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3か所以上の医療機関に通院している高齢者の9割が、慢性疾患の薬を5種類以上処方されている、との調査結果を、東京都健康長寿医療センターなどの研究班がまとめた。

 名古屋市で開かれている日本老年医学会で16日発表する。

 複数の持病を抱える高齢者は処方される薬の種類が増えがちだが、薬を分解する機能が低下して副作用が出やすい。5種類以上服用すると転倒リスクが高まるとの報告もある。

 調査は、自宅(介護施設も含む)で暮らす75歳以上の東京都民約130万人のレセプト(診療報酬明細書)を分析。2014年5月からの4か月間について、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症、不眠症、泌尿器疾患など約20疾患の薬128種類(約5000剤)の処方状況を調べた。

 5種類以上の薬を処方されている患者は全体で35%だった。受診している医療機関数でみると、1施設では23%、2施設では60%、3施設では89%と、受診先増加に伴い多剤処方の割合が高くなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シニアニュースの一覧を見る

最新記事