文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

血友病

シリーズ

血が止まりにくい病気(5)凝固因子補う再生医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
培養した肝細胞の移植で血友病の治療を目指す江口さん(右)と堺さん(長崎大学で)  岐阜市に住む団体役員、後藤智己さん(44)は、生まれつき重症の血友病だったが、今は完治した。遺伝がかかわる先天性血友病は通常、患者が生涯付き合う病気だ。それが完治に至った秘密は、肝移植だった。  後藤さんは25年ほど前、ウイルスに汚染された血液凝固因子製剤でC型肝炎を発症した。その10年後、当時、唯一の有効な治療薬だ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「血友病」に関連する記事

治療

シリーズ