文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元サッカー日本代表 ラモス瑠偉さん

一病息災

[元サッカー日本代表 ラモス瑠偉さん]脳梗塞(1)妻の119番通報で助かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Jリーグ草創期を支え、日本代表の司令塔として活躍。現役引退後も指導者や解説者として日本のサッカー界の「顔」であり続けている。公開試合などでも衰えないテクニックを見せつけ、周囲を驚かせる。

[元サッカー日本代表 ラモス瑠偉さん]脳梗塞(1)妻の119番通報で助かる

ラモス瑠偉さん=佐藤俊和撮影

 病気とは無縁に見えるアスリートが突然、病魔に襲われた。

 昨年12月29日朝、体がけいれんしてベッドから転げ落ちた。起きあがれない。顔が真っ青になっているのを妻の俊子さんが見て、「救急車呼んだ方がいいんじゃない?」と119番してくれた。

 年明けに予定されていた日韓OB戦に向けて激しいトレーニングを重ねていた時期。「ただの疲れ。点滴をすれば治る」ぐらいに考えていた。だが、この時の俊子さんの判断で、命拾いすることになる。

 病院で目を覚ますと、医師たちが「脳 梗塞こうそく です。再発するとまずい」と話しているのが聞こえた。脳梗塞で亡くなった仲間がいたことを思い出し、震えた。「もう1回、娘と息子と妻の顔を見させてほしい。生きるチャンスを下さい」と神様に祈った。

 脳の血管に詰まった血栓を溶かす薬を点滴し、30時間安静にして、2日後には歩行器で歩けるようになった。医師から「早く救急車を呼んだことが治療につながった」と聞かされた。「あの時、ベッドに戻ってもう一度寝ていたら死んでいたかもしれない。妻のおかげで救われました」

  元サッカー日本代表 ラモス 瑠偉(るい) さん(60)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

元サッカー日本代表 ラモス瑠偉さん

最新記事