文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

人見知りの患者さん?…実は話したくても話せない病気の場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
人見知りの患者さん?…実は話したくても話せない病気の場合も

 人見知りは乳幼児期に生ずる成長過程の1コマでしょう。しかし、大人でも診察室に不安そうに入室し、ほとんど言葉を発さない方もいます。

  前回 は、医師に丸投げして、本人は何の意思も示そうとしない患者さんでは、医師としては積極的な治療方針を示しにくいというお話をしました。

 無口すぎる患者さんには、医師も消極的になってしまうのです。

 目や視覚に不愉快な症状があるために、人と会ったり話したりできないという症例に遭遇することがあります。眼科的には何ら異常はなく、その方がなぜ眼科を受診したのか、以前はわかりませんでした。しかし、心療眼科から見れば、これは確かに病気として考えるべきなのです。

 社交(または社会)不安障害とは、簡単に言えば、人前で不安を感じたり、恐怖を感じたりして、極端に緊張し、そういう場面を避けたり、避けざるを得なくなる病態です。

 体にいろいろな不調が随伴する場合もあり、目も体の一部ですから、目が痛い、 (まぶ) しい、人の目を直視できないなど、いろいろなことが起こります。

 「そんなの自分もある。人前でスピーチする場面や、何か大事なことを上司にお願いするような場面で、声が震え、汗が出てドキドキし、お (なか) まで痛くなるというようなことでしょう。つまり『あがり症』のことでしょう」という人がいるかも知れません。

 よく似ているようですが、一定期間以上そういう状態が継続し、学校や会社などの社会生活に甚大な影響が出るところが違います。

 私の長男は、小、中学校の当時、学校では全く声が出なかったそうです。家では普通に会話し、振る舞っていましたし、学校の成績も悪くはなかったので、親も担任も別段問題にしたことはありませんでした。

 しかし、社会に出ると他人とのコミュニケーションが必須となりますから、具体的な支障が出てきました。同級の精神科医の診断は、「社交不安障害」でした。

 やがて、本人がネットなどで調べて、自分の病気はこれだと示してきた病気があります。

 「場面 緘黙(かんもく) 症」

 自分の家庭などの安心できるところでは普通に話ができるが、それ以外の場面、社会的状況では言葉を発したくても発せない疾患です。

 医学的分類では選択性緘黙症ともいい、社交不安障害と併存することが多いとあります。自分が置かれている場面や社会的状況に不安や恐怖があり、不適応状態になるのです。

 治療は確立していませんが、医師はもちろん、周囲の人々が病気だと認め、理解することは改善への特に大切な要素です。

 彼は病気を理解して以降、少しずつ克服していきているようで、この病気の知識を広める活動もしています。関心のある方は、 彼のブログ を参照してください。(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。北里大学医学部客員教授、日本神経眼科学会理事長などを兼務し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ、副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」(春秋社)、「健康は眼に聞け」(同)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「高津川 日本初の女性眼科医 右田アサ」(青志社)、「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・執筆活動のほか、NPO法人などのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事