文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

コラム

テレビを見るより楽しい趣味とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。 

 少し昔の論文になるのですが、経済学者のアラン・クルーガー米プリンストン大学教授は、過去40年間(1965〜2005年)においてアメリカ人の時間の使い方がどのように変わったかを分析・報告しています。

 なぜ、クルーガー教授がそのような研究をしたかというと、研究のタイトルにその意図が表れています。

 「私たちは今を楽しんでいるのか?(Are we having more fun yet?)」

 というのも、過去40年間で機械化などが進んだことにより、男女ともに仕事や家事といった労働時間が減り、「余暇」の時間は増えました。しかし、そうやって捻出された「余暇」を、アメリカ人が一体何に使っているのか知りたい、というのがクルーガー教授の興味だったのです。

余暇時間の増加=テレビ視聴時間の増加

 結論から述べると、余暇を「テレビ」を見て過ごしていました。実は、日本でも状況は似ていて、たとえばNHK放送文化研究所が発表している「国民生活時間調査」によると、過去25年間(1985〜2010年)におけるテレビ視聴時間は、ネット時代にもかかわらず「長時間化」しており、今ではおよそ1日平均3〜4時間もテレビを見ているそうです。

 このこと自体は、是非を問うべきものではありませんが、クルーガー教授の関心は、「それで結局、現代人は今を楽しんでいるのか?」ということです。何より予防医学研究者として、私が反省させられたのは、「過去何十年にもわたって、テレビ以外の余暇の過ごし方を提供できていない」という憂慮すべき事実です。

 たとえば、予防医学はもう何十年にもわたって、「ランニング」を推奨してきました。たとえば、アイオワ州立大学のダックチャル・リー助教(身体活動疫学)らが2017年3月に発表した研究によれば、「1時間のランニングで、寿命が7時間延びる」と報告されています。

 一方で、ランニングはある段階を超えて行うと、むしろ健康増進効果は得られにくくなることから、リー氏らは効果を最大に得られる、ギリギリの上限についても研究を行っています。その結果をまとめたのが下記の表です。

健康効果を得られるランニングの上限
時 間 4.5時間/週
距 離 30マイル(48キロ)/週
頻 度 6回/週
出典:Lee D, et al. Prog Cardiovasc Dis (2017)

 たとえば、「時間」をみると、1週間でトータル4.5時間のランニングが、もっとも健康効果を期待できるそうです。逆に言えば、それ以上ランニングしてしまうと、せっかくのプラス効果が損なわれていくということです。あるいは「頻度」をみると、1週間に6回までが健康という観点からは望ましいようです。

 このような「ランニングの健康効果」については、予防医学は数多くの研究を行ってきたものの、「社会全体としてランニング人口を増やすにはどうしたらいいか?」といった問いは、これまでほとんど取り組めてきませんでした。

 さらに言えば、「テレビを見ることよりも楽しい趣味を、予防医学は提供してきたか?」と問われると、耳が痛い限りです。一方で、だからこそ「来たるべき未来において予防医学は何に取り組むのか?」という本質に立ち返る必要があると、最近考えて過ごしています。

 それではまた次回!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事