文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元関脇 貴闘力忠茂さん

一病息災

[元関脇 貴闘力忠茂さん]ギャンブル依存症(4)病気の怖さ講演で語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「社員に迷惑をかけた自分が情けない。どうにかしないと」。2013年、医療機関を受診し、ギャンブル依存症のチェックリストに答えると、全項目あてはまった。これを機にギャンブルをやめた。

[元関脇 貴闘力忠茂さん]ギャンブル依存症(4)病気の怖さ講演で語る

依存症の怖さを講演する貴闘力忠茂さん(大阪市のホストクラブ「大阪男塾」で)=佐藤光展撮影

 経営する焼き肉店は11店舗に拡大。東京都江東区の「ドラゴ横綱通り店」などに連日出勤し、きめ細かな接客を続ける。忙しく働くことで、ギャンブルを遠ざけている。

 「ストレスがたまると、ギャンブルでスカッとしたいと思う時は今もある」。だが、社長思いの従業員たちが許さない。「今度やったら辞めますからね」

 この病気の怖さを伝えるため、企業等で講演を重ねる。4月は大阪市のホストクラブで話をした。ギャンブルにはまるホストが多く、経営者が企画した。

 「焼き肉のもうけは1品で100円程度。お金を稼ぐ大変さは分かっているのに、数百万円や数千万円を一晩で使ってしまう」「カジノは特に危ない。はまった人の多くは1、2年で借金まみれになる。自ら命を絶った人も。皆さんは目標を持って、着実な道を歩んでください」

 昭和の大横綱・大鵬の孫でもある息子4人のうち、学生の3人が相撲で活躍している。依存症克服のその先に、貴闘力ジュニアの輝かしい未来が見える。

 (文・佐藤光展、写真・田村充)

  元関脇  貴闘力(たかとうりき)忠茂(ただしげ) さん(49)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

元関脇 貴闘力忠茂さん

最新記事