文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

3件 のコメント

コメントを書く

過労死はどうしたらなくなるのでしょうか?

ネットで物は買いません

いつまでこの国の新聞に働きすぎてお亡くなりになる方の悲しい記事が掲載されるのでしょうか?
長時間労働が美徳という、日本を蝕む価値観の転換はどうしたら図られるのでしょうか?
赤信号みんなで渡れば怖くない?それならサービス残業、みんなでやめましょうよ。

違反報告

プロセスの見直しと政治家や市民の理解

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

二年前の麻酔科学会のメモを発見しました。
帝王切開の出血多量患者の術前検査の止血の値の低さや麻酔の種類の傾向が指摘されています。(さらなる検証が必要ですが、重症リスクのスクリーニングに応用可能かも。)

さて、5月31日、6月1日と読売新聞に無痛分娩の関連記事があり、また、台湾での第三者の卵子の提供の記事もありました。

文化や宗教とのすり合わせもあって、働き方や医療オプションの多様性もなかなか難しいものがありますが、高度な医療技術は日本が先進国であり続けるための生命線の一つなので、そのための学習効率や業務効率および組織の在り方の見直しは大事です。
長時間労働者の優遇は容認としても、今後予測されるテロや大災害のためにも、本来は「余力」が必要です。
そのへんも含めて、経済特区や混合診療の運用が進むのかもしれません。

ところで、トータルフットボールの話は医療と関連性があります。
世界と日本のサッカーのトップレベルの違いは全体の業務プロセスの違いです。

身体のサイズや筋力、決定力や判断の速さと正確さが一般顧客向けの新聞記事ではよく書かれますが、そもそも、DFと呼ばれる後衛選手の狙っていることや技術のベースの部分から大きく違います。
だから、マニアから見ると、ボールや人の流れが全然違う場合もあります。
目に見える瞬間の前から思考や実行プロセスの違いがあるからです。

同様に、一人前の医者や充実した医療チームの定義とは何で、その構成要員とゴールは何か、動線も含めて見直しされていくでしょう。
産科救急、脳卒中、急性冠症候群など、ハイリスク群のキャッチから搬送時間の短縮に繋げていくことは大事です。
おのずと、多くの人の住む場所の医療体制の充実とそうでない地域の連携は大事になります。

スポンサーである政治家や一般市民の理解まで含めて医療ですから、難解なのはサッカーにも似ています。

違反報告

ヨハン・クライフと現代サッカーと医療の解

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

オランダと言えば、ヨハン・クライフというオランダとバルセロナの神様が有名です。

彼が提唱したトータル・フットボールは、ポジションを守る仕組みと対立しながらも融合し、彼の孫弟子世代で世界を席巻しています。
往年のライバルのドイツ皇帝ベッケンバウワーの所属したバイエルン・ミュンヘンが彼の愛弟子グアルディウラを監督に呼んだほどです。

医療に通じる名言も多く、ぜひ、お子さんに読み聞かせながら学んでいただきたいと思います。

「近年、試合中に最も多くの距離を走った攻撃陣の選手が賞賛される傾向にあるが、私のサッカー観とは相反している。中略、攻撃陣の選手が走り回り、体力を消耗することは重要な局面での瞬間的なひらめきや、判断力がにぶり、チームに悪影響をおよぼすことに繋がる」

さて、日本には古来よりの文化や伝統があります。
太平洋戦争からの月月火水木金金、長時間労働の伝統があり、新潟の看護助手からたたき上げの女性後期研修医の過労死事件も最近ありました。
(「よくある話で、適性がなかっただけ」とかいうバカも目にします。自分の子供や友達が死んでも言えるのでしょうか?)

文化や習慣は一朝一夕では変わりませんが、学ぶことは異文化を理解し、取り入れていくことであり、住み分けを知る事であります。

自分は初期研修で自分のタフネスの無さや医療への興味の無さ、高度のサッカーを知りたい思いに気付き、大学院を消極的に選びました。
(興味がなくても、プロ意識で、医療内外の勉強はしましたが。)

一日押しかけ留学で知りましたが、欧米の放射線科では、24時間カバーのための早番や遅番などの勤務シフトなんかもありますが、日本では存在しません。
意識も古く、人員も減った外科系はもっと大変でしょう。

他の分野や海外が絶対ではありませんが、それを見て何を考えるかが問われていると思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。