文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元関脇 貴闘力忠茂さん

一病息災

[元関脇 貴闘力忠茂さん]ギャンブル依存症(2)知らない馬で大当たり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 念願の力士になり、1983年に初土俵を踏んだ。兄弟子より早く起き、稽古に明け暮れる毎日。ちゃんこ作りや雑用にも追われ、月日が瞬く間に過ぎていった。

[元関脇 貴闘力忠茂さん]ギャンブル依存症(2)知らない馬で大当たり

貴闘力忠茂さん=田村充撮影

 「兄弟子の心をよみ、先回りして行動しないと怒られる。大変だったけど、あの時に培った感覚は、今経営している焼き肉店の接客に役立っている。相手の考えがよめるから、マージャンもずいぶん強くなったよ」

 兄弟子らとマージャンを楽しむことはあったが、番付が低い頃はギャンブルとは無縁だった。反面教師の父親の存在に加え、金も時間もなかったのだ。後に約5億円をつぎ込むことになる病的なギャンブル癖は、窮地に追い込まれた末のビギナーズラックで始まった。

 それは十両昇進が決まり、後援会組織を作った時のこと。化粧まわしや着物などで400万円が必要になり、知人に頭を下げて工面した。ところが、金を預けた人物に持ち逃げされてしまった。

 手元にあるのは10万円。「もう、どうにもならない」。絶望にさいなまれ、ヤケになった頭に浮かんだのが、忌み嫌うギャンブルだった。競馬場に行き、知らない馬に全額を賭けた。すると大当たり。競馬場を出た時には、懐に400万円が詰まっていた。

 競馬、賭けマージャン、パチンコ、カジノ……。ギャンブルを食い止めていた心の防波堤は、あっけなく崩れた。

  元関脇  貴闘力(たかとうりき)忠茂(ただしげ) さん(49)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

元関脇 貴闘力忠茂さん

最新記事