文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

AYAや小児、高齢者など世代別患者支援も盛り込む…第3期がん対策計画素案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は17日、第3期がん対策推進基本計画の素案をがん対策推進協議会(門田守人会長)に示した。

 患者が少ない希少がんや、治療法が確立していない難治性がん対策のほか、 AYAアヤ (思春期・若年成人)世代や小児、高齢者など世代別の患者支援も含めたきめ細かな対策を盛り込んだ。次回6月2日に基本計画案をまとめ、7月の閣議決定を目指す。

 同基本計画は今年度から6年間の目標や重点課題を掲げたもので、「がん予防」「がん医療の充実」「がんとの共生」が3本柱。これを踏まえ、今後、予算を確保し具体的施策につなげる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事