文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

膵臓がんと診断された人の離職率、他のがんの2倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 早期発見や治療が難しい 膵臓すいぞう がんと診断された後、仕事をやめる人の割合は他のがんの2倍に上ることが、一般社団法人CSRプロジェクトなどの調査で分かった。

 闘病で経済的な負担を感じる人の割合も他のがんより多かった。

 調査は今年2~3月、膵臓がん患者団体パンキャンジャパンの会員を対象にインターネット上で行い、患者26人、家族や遺族26人の計52人から回答があった。

 膵臓がんと診断された後の勤務状況は、診断前と同じが54%、離職(依願退職と解雇)が23%、転職が4%などだった。同法人が昨年、膵臓がん以外のがん患者300人に行った同様の調査では離職は12%で、膵臓がん診断後の離職の多さが目立った。

 経済的負担を感じる人は膵臓がん患者の84%に上り、その他のがんの51%よりも多かった。

 同法人の桜井なおみ代表理事は「膵臓がんは発見時に病状が進んでいることが多いが、働き続けたいと考える患者も大勢いる。本人の希望に応じて柔軟に働ける職場環境の整備が必要だ」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事