文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

紫外線にご用心

元気なう

[紫外線にご用心](1)まず日焼け予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 心地よい季節。この時期やってしまうのが「うっかり日焼け」だ。5月はもう紫外線が強いが、対策を忘れがち。シミやシワの原因になり、日焼けを繰り返すと皮膚がんの危険性も高まる。

 

[紫外線にご用心](1)まず日焼け予防

 ひふのクリニック人形町(東京都中央区)院長の上出良一さんによると、紫外線で皮膚のDNAがダメージを受けることで日焼けをする。普通は、ダメージは修復され、その際、炎症が起こるため、紫外線を浴びて少しすると赤くなり、ヒリヒリと痛む。

 赤い日焼けは2、3日で治まり、その後、黒色色素のメラニンが多く作られ、黒く日焼けした状態が数週間から数か月間続く。何度もひどく日焼けしたり、長年日光を浴び続けたりして大きなダメージが繰り返されると、皮膚がんの原因になる。

 水ぶくれができるほどの日焼けなら、やけどと似た状態なので皮膚科を受診した方がいい。

 受診前に、炎症を抑えて悪化させないこと。日焼け部分をなるべく早く、冷たいタオルなどで冷やす。市販の消炎鎮痛剤を服用すると、赤みや痛みも和らぐという。

 それでも治まらない時は、皮膚科でステロイドなどを処方してもらう。上出さんは「浴びた紫外線を、なかったことにはできない。日焼け予防が最も大切」と話す。

 人体に欠かせないビタミンDの生成のため、以前は日光浴が推奨された。今は、一般的な日焼け対策をした後でも十分な紫外線を受けられていると考えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元気なうの一覧を見る

紫外線にご用心

最新記事