文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

山歩きの心構え…低い山でも危険を意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山歩きが心地よい季節になった。ただし、事故や体調悪化などの危険はつきもの。初心者向けとされる低い山でも十分な注意が必要だ。

山歩きの心構え…低い山でも危険を意識

 昨年4月、神奈川県北西部の 石砂いしざれ 山(標高578メートル)で山歩きをしていた60歳代の男性から119番通報があった。一緒にいた60歳代女性が足を踏み外し、3メートル下の沢に滑落した。

 救助され命に別条はなかったが、鎖骨骨折や頭部打撲の重傷。神奈川県警地域総務課によると、一行は昆虫採集のために入山、休憩のために登山道からそれた場所に入り事故が起きた。同課の担当者は「自分の技量や体力を十分に把握し、油断しないことが重要」と指摘する。

 山を安全に登るための学校「無名山塾」を主宰する岩崎 元郎もとお さんは、「初心者向けとされる山でも、常に『危ないから慎重に行動しよう』という意識が重要です」とアドバイスする。湿った赤土で滑りやすい斜面や不安定な岩場などがあるのは、山の高低に関係ない。

 特に、下りでは目線が遠くなり足場の確認が難しく、滑ったり転んだりしやすい。場合によっては崖下に落ちる危険もある。中高年は体力の衰えからバランス感覚が弱まっており、登山用ストックを使うと良いそうだ。

 警察庁によると、山の事故で最も多いのは「道迷い」で全体の4割近くに上る。「低い山でも道をそれてしまうことはある。その場合は来た道を必ず引き返すようにしましょう」と岩崎さんは助言する。日が落ちた場合は、その場にとどまり、救助を待つ。

 むやみに携帯電話を使うと貴重な電池を消費してしまうので、どこから登り、どこに向かっていたかなど現状を整理してから警察や消防に電話をかけるとよい。

 行き先やルート、装備品などをまとめた登山計画を作成し、登山口の届け出ポストや警察などに提出しておくのは必須。日が暮れると道に迷う危険も高まるので、なるべく早い時間から登山を始めることを心がけよう。

 体調管理もしっかりしておきたい。「病気に負けない健康登山」の著書もある群馬大学医学系研究科教授の斎藤繁さんは、〈1〉体温管理〈2〉脱水対策〈3〉栄養補給――の3点に気をつけるよう指導している。

 春山の山頂付近は気温がまだ低い。「気温の変化についていけず、低体温症になって動けなくなることもある。薄手の衣類を何枚か携行し、重ね着をすると服の間に空気がたまって断熱効果がある」と斎藤さん。

 中高年は喉の渇きを感じにくいとされる。脱水症状に気づかずに運動を続けると、脳 梗塞こうそく や心筋梗塞が起こりやすくなる。30~50分ごとのこまめな水分と栄養の補給が必要だ。

 斎藤さんは「体力に自信があるものの運動習慣から遠ざかっていた人が、いきなり難しい山に挑戦するのが最も危険。段階的に負荷をかけて体を慣らしていくことが重要です」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

どこの山でも整備されていない山登りは非常に危険

2度も命拾いした山登りした人

一度目の命拾いは6月のはじめごろ、昔見た池を探して甲山の近くの山に階段があったので一人で上っていったが、途中で道がなくなってしまい、水が流れた後...

一度目の命拾いは6月のはじめごろ、昔見た池を探して甲山の近くの山に階段があったので一人で上っていったが、途中で道がなくなってしまい、水が流れた後か、獣道しかなくなった。それでも山を登っていき、広い車が通る道に出たが、元の場所に戻れない山の車道だった。そこで、元の場所へ戻ろうとしたが、出た場所が立ち入り禁止の五ヶ池の近くだった。

入ると軽犯罪法で逮捕されるのでそこを避けて、別の方向へ行ったが、【これが原因で道に迷ってしまい山から出られなくなった。】降りていく最中に川の音と子供の声が聞こえるので、それを頼りに降りていったが、シダ植物や細い竹、とげのついた枝で道がふさがれていた。長袖を着ていたので、それらを振り払って進んだが、頭を木の枝にぶつけたり、岩にひざの内側をぶつけて、ひざの内側に青あざがついた。

ようやく甲山キャンプ場がある渓流の仁川に出たがキャンプ場がある反対側に渡れなかった。仕方なく別の道に進んだが山から出られなくなった。そうしているうちに日がくれ、真っ暗になった。のども非常に渇いてきて、汗だくだくの状態だった。そこで、何とか、仁川の反対側に渡れる岩場を見つけ、足場の岩は水の中に沈みながらも、俺は太い木の枝にしがみついて何とか、反対側に渡れた。

先ほどとは違って道をふさぐ障害物はなかったので山登りは楽だったが、どこを歩いたら出られるかわからない場所だった。西側に歩いていくうちに幸い道案内の看板が出てきて、そのとおり歩いて、しばらくすると甲山自然観察池に無事出られた。そこはわかっていた車道だったのであとは楽勝。それでも、元の場所から2.3キロ離れた場所だったが、車道を下って、寺の自販機で水分補給をして、甲山森林公園のトイレを済まして無事元の場所に戻れて、後は自転車で無事に帰れた。


2度目は昨日のことで、甲山下にある渓流の仁川を見たあとに、上を登り山の上を見ると広い岩肌のような斜面が出てきた。そこを上って出ようとしたことが大ピンチを招く元になった。滑らないと思って岩肌を歩いて登った。しかし岩肌は乾いていたが、砂利があって非常に滑りやすく、しかも斜面。気づいたときは手遅れで、降りれる状況ではなくなるピンチになった。下は木が生えているものの岩のある崖で、仁川にストンと落ちてしまう。しかも、つかめるものがほとんどない。下を見ると非常に怖いので見ないようにして、できるだけ足場を安定させて砂利岩をつかみ上っていった。足場からころころ石が落ちていく非常に危険な状態だった。何とか、むき出しになっている木の根っ子をつかみ、松の枝をつかんで、足場を安定させ、細い木をつかんで無事危険な岩砂利から出られた。このときに手のひらを2箇所切る怪我をした。ほとんど出血はなかったが少し痛かった。ヘタすれば斜面から転落して命を落とすところだった。

広い岩肌のような斜面は絶対に登ってはいけない。砂利があって滑りやすく、つかむものもほとんどない非常に危険な場所だ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事