文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

元ちゃんハウスより~がんと生きる医師・西村元一の手紙

コラム

患者同士が交流する意義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療者の説明では足りない

 元ちゃんハウスには、「同じような病気の方の話が聞きたい」「こんな時、他の患者さんはどんな工夫をしているのか教えてほしい」などと言ってこられる方が結構います。病院では治療に関することなどをアドバイスしてもらえますが、医師や看護師ら医療者のほとんどは、がんになった経験がないので、大抵の場合、教科書的な内容や自分たちの経験を基にした内容に限られます。

患者同士が交流する意義

元ちゃんハウスを訪れた患者と語り合う。頑張る姿が互いの励ましになる

 治療についてはそれでほぼ大丈夫なのですが、生活ということを考えると、一人ひとり病状や環境が異なることもあって、病院での説明だけでは足りません。今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師として患者に説明してきたことや、自分が患者として説明してもらったことだけでは不十分だとよく分かりました。「胃切除を受けた人は、生活の上でどのような工夫をしているのか」「実際に治療を受けたらどうだったか」などを知りたくなり、実際に自分より闘病生活が長い「先輩患者」のいろいろな話を聞いてみると、それが結構役立ちました。

 ある程度の知識がある自分が、そのような状況であったということは、一般の患者さんならば、もっと情報が必要であることは間違いありません。おそらくこれも、患者会やピアサポーターの意義の一つなのだと思います。

患者同士の情報に助けられ

 元ちゃんハウスで顔を合わせ、いろいろ話すうちに、いわゆる「がん友」になる患者さんたちもいます。病院や患者会ででも、がんの種類が同じ人と「がん友」になることがありますが、元ちゃんハウスや病院のがんサロンでは、領域が異なるがんの「がん友」ができることが結構あります。

 がんは、発生部位などによって、患者の苦労や悩みが全く違います。でも、同じ時期に闘病しているということで、何か共感を覚えたりすることは少なくないですし、また領域が違うからこそ、同じ種類のがん患者から得られるアドバイスとは違った工夫や新たな発見があって助かった、ということも結構耳にします。

 その他、就労や金銭的なこと、家族の負担など、がんの種類に関係のない問題も数多くあります。つまり患者は、たくさんの情報を必要としているのです。昔から見るとかなり良くなったとはいえ、まだまだ病院で情報を得ようと思っても、縦割りの壁が厚く、下手をするとたらい回しに遭うこともあります。全てが正しく、かつ必要なものとは限りませんが、経験者からのアドバイスは、少なくとも必要な情報を得る足がかりになる可能性が結構あるものと思います。

病気と闘う仲間にエール

 「がん友」のつながりは、結構強いような気がします。自分もいま治療を行っていますが、知り合いや友人ががん治療を頑張っていると耳にすると、心の中でエールを送り『○○さんも頑張っているので自分も頑張ろう』という気になります。この気持ちは、がん患者特有なのかもしれません。ということで、今回の最後は、いま闘病している方々にエールを送りたいと思います。「一緒に頑張りましょう!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nishimura_200

西村 元一(にしむら・げんいち)

 金沢赤十字病院副院長、第一外科部長。1983年、金沢大学医学部卒業。同大学病院教授を経て、2008年4月より金沢赤十字病院外科部長、09年副院長に就任。専門は大腸外科。日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会など複数の学会の専門医・指導医。がんとむきあう会代表。15年3月、肝臓に転移した胃がんが見つかった。闘病前から温めていた「街中にがん患者が医療関係者と交流できる場所を」という願いを実現し、16年12月、金沢市内に「元ちゃんハウス」をオープンした。17年5月死去。がんとむきあう会のウェブサイトはこちら

元ちゃんハウスより~がんと生きる医師・西村元一の手紙の一覧を見る

6件 のコメント

コメントを書く

Thanks for finally writing about >患者同士が交流する意義 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) <Loved it!wholesale basketball jerseys

Florine

Thanks for finally writing about >患者同士が交流する意義 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞...

Thanks for finally writing about >患者同士が交流する意義 : yomiDr.

/ ヨミドクター(読売新聞) <Loved it!wholesale basketball jerseys

つづきを読む

違反報告

感謝

ノンタン

先生の生きる姿そのものがエールでした! これからもたくさんの方の心の中で生き続けるでしょう。 心から……ありがとうございました…… ゆっくりと休...

先生の生きる姿そのものがエールでした!
これからもたくさんの方の心の中で生き続けるでしょう。
心から……ありがとうございました……
ゆっくりと休んで下さいね……

つづきを読む

違反報告

天国の西村先生へ

エンジェル

心からお悔やみ申し上げます。訃報を目にした時は呆然とし、感情が言葉にならず涙がとめどもなく流れてきました。 ほぼ2年間の闘病でさぞお疲れでしょう...

心からお悔やみ申し上げます。訃報を目にした時は呆然とし、感情が言葉にならず涙がとめどもなく流れてきました。
ほぼ2年間の闘病でさぞお疲れでしょう。天国でゆっくりと休んでくださいね。

西村先生は医師として、がんサバイバーとしてたくさんの患者さんを救ってきました。現役時はメスで、がん罹患後は言葉や行動で。先生は最期の瞬間まで医師でした。

ご家族、ご友人、同僚、全国の職員が先生が亡くなったことを悲しんでいます。この悲しみが少しずつ癒えることを心からお祈りいたします。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事