文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

コラム

赤ちゃんが吐くのは当たり前?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 前回の記事で、神の手を持った外科医はいないと書きましたが、神業の腕前を持った器械出しの看護師は見たことがあります。手術中、外科医は「コッヘル!」「ペアン!」とか叫んで術野を 睨(にら) んだまま、看護師に向かって手を伸ばします。この時に素早く正確に器械を出せる看護師は一人前ですが、神業の看護師とは、何も言われなくても正しい器械を出せる人です。 千葉大学医学部第二外科は、中山恒明教授(1910~2…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

神業の要素分解と全体構造での不要性

寺田次郎 アマチュア・フットボーラー

5月31日宋美玄先生の所の、クライフの理屈にも通じますが、神業とは普通の人間が到達しえない領域で、大天才と大秀才だけが到達できると思います。 初...

5月31日宋美玄先生の所の、クライフの理屈にも通じますが、神業とは普通の人間が到達しえない領域で、大天才と大秀才だけが到達できると思います。

初期研修で見た、普通の先生は利き腕で、持針器に直角の把持で、順手と逆手くらいで手一杯でした。
しかし、うまい先生は利き腕でない手でも運針できますし、斜めに把持したりしていました。

さて、技巧派サッカー選手はトラップやキックの球種も速度も精度も桁違いで、それがプレーの多様性を産みます。

そして、もう一つ大事なのが精密なビジョンの共有です。
同じ「足元へのパス」という言葉が技術も発想も様々です。
11人で超高難度の連携をやろうと思うと、小さい頃からの選抜と教育、意識共有も大事になるので、最近はそこまで求めず、突出した個に高度の連携レベルが標準です。
20歳前後から修業した連中がチームを組む外科チームも似ていますね。

前回の4分のヘルニアのオペもそうですが、開始からゴールまでの最短距離と考えられる寄り道が頭に入って実行できるから、無駄なく、出来るわけです。

神業の機械出し看護師さんも、基礎の名前や使い方はもちろん、術者の癖や特殊技術を理解しているからシンクロ出来ます。
センスだけでなく努力でしょう。

感覚や性格の合う人間とばかりではないので、1人だけ動きが速くてもかえって邪魔だし、相性もあるし、何より長期間持続的に働くためのチーム形成が必要です。
(目や手が繊細な奴は、心も繊細な場合が多いので、むしろソリストに近い科に向きます。)

手術はスポーツと共通点もありますが、仕事ですから、チームに合った仕事を処理して、合わない仕事を他人や他施設に紹介することで補完できます。

特に、全国のもっと多くの平均的な医師や関連職種の技術や生活を思い描けば、医師も看護師も「神業は偶発性」という前提でシステムを組む方が正しいと思います。

つづきを読む

違反報告

雑感

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

子育ての面倒や我慢とか大変そうですが、やっぱり、とろみのリスクを読むと生理的なものに近い解決策でトライしてから、小児科に行ってステップアップしな...

子育ての面倒や我慢とか大変そうですが、やっぱり、とろみのリスクを読むと生理的なものに近い解決策でトライしてから、小児科に行ってステップアップしないとトラブルのリスクも上がりそうですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事