文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【臓器移植法20年】低迷の陰で(1)息子から宿題 社会変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 「安心して移植を受けられる社会に変えることが、息子が私に残した宿題」  群馬県の北村真紀子さん(48)は、米国で心臓移植を受けた子どもの母として、他の移植体験者や家族と交流し、移植を希望する患者たちを支える活動をしている。2年前、長男の 京佑(きょうすけ) 君(当時11歳)を亡くした喪失感を埋めるように。  生後間もなく難病の単心室症と診断された京佑君は、心臓が血液を送り出す力が弱く、3歳までに…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事