文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

認知行動療法(4)家での強迫症 遠隔治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 「それでは、仏壇に近づいてみましょうか」。手に持ったタブレット端末の画面から、主治医の慶応大学病院専任講師、岸本泰士郎さんが話しかけてくる。東京都内の自宅客間にいた男性(27)は「ちょっと怖いですけれど、近づいてみます」と答えた。テレビ電話機能を用いて交わされた2015年秋の会話だ。  男性は強迫症と診断されていた。「自転車の脇を通る時、倒してけがをさせてしまうかもしれない」「仏壇をライターで燃…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事