文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

災害医療 新たな課題(3)倒壊の危険 赤ちゃん転院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
昨年末からNICUを再開した熊本市立熊本市民病院。新生児医療の拠点としての機能は回復途上だ 熊本県内の主婦A子さん(43)の三男は2015年12月、500グラム未満で生まれた。腸の一部が働かなくなる 壊死(えし) 性腸炎などで熊本市立熊本市民病院(東区)の新生児集中治療室(NICU)に入院していたが、昨年4月、2度の大地震に見舞われた。 同病院は震度6強を観測した2度目の地震が起きた4月16日、倒…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事