文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

健康・ダイエット

なぜ女性の方がつながり作りがうまいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。

 わたしは「つながりと健康」の研究をしているのですが、そのせいか繰り返し次のような質問を受けます。

 「どうして男性は、女性に比べて、つながり作りが下手なのか?」

 おそらく、みなさんもそのような印象があると思います。

 どうも調べてみると、この背景には「ストレス状況下における男女の振る舞い」が影響していることが分かってきました。とても面白い話なので、できる限り詳しく見ていきたいと思いますが、まずは「そもそもストレスとは何か?」についてみていきましょう。

男女で違う ストレスへの反応

 1915年、米ハーバード大学医学部教授であったウォルター・キャノンは、当時としては驚くべき研究を発表しました。

 「人は恐怖や怒りなど、ストレスの多い状況に置かれると、呼吸や脈拍が増え、血圧も上昇する。これは、牙をむき、襲いかかる動物から身を守るため、人類が進化の過程で獲得したメカニズムである」

 つまり、目前にせまった危機を回避するために、体は心拍数や筋肉への血流を増やして、「闘うか逃げるか」に適した状態を作り上げるのです。キャノンは、それら一連のストレス反応を「闘争・逃走反応」と名付け、初期のストレス研究における金字塔を打ち立てました。

 ただ、キャノンが研究対象としたのは主に男性であり、女性はストレスにさらされると男性とは違った反応を示すことが分かったのは、なんと21世紀になってからのことです。

女性により働く「癒やしのホルモン」

rf5862108_o-[更新済み] ストレス研究の権威である、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のシェリー・テイラー教授によると、人間はストレスを感じると、男女を問わず結びつきを求めるオキシトシンというホルモンが分泌されると報告しています。

 オキシトシンは、「癒やしのホルモン」といわれることもあり、友達や身近な人とのつながりを求める作用があります。特に女性の場合、オキシトシンの作用に加え、女性ホルモンの影響と相まって、ストレス下でより強くつながりを求めることが知られています。

 つまり女性は、ストレス研究で伝統的に言われていた、「闘争・逃走反応」ではなく、「人とつながりたくなる(しゃべりたくなる)」という第3のストレス反応を示すのです。一方男性は、オキシトシンの働きが男性ホルモンによって弱められてしまうため、女性ほどはつながりを求めないようです。

 年を重ねれば重ねるほど、苦労は増えます。たとえば、体が動きにくくなったり、親しい人が亡くなったり、あるいは大病をしたりと、大きなストレスがたくさん待ち構えています。そのとき、女性は「人とつながっておしゃべりをする」ことで乗り越えようとしますが、男性はどちらかというと「引きこもって酒などに逃げる」という行動をとり、健康を崩しがちです。

 そのような男女差があるのだということを考慮に入れた上で、まずは「身近にいる人たちを大事にする・感謝する」というところから、つながり作りを始めてみてはいかがでしょうか?!

 それではまた次回!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事