文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

延命望まぬ終末期患者の蘇生中止、統一手順を初公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
延命望まぬ終末期患者の蘇生中止、統一手順を初公表

 延命治療を望まない終末期の患者が心肺停止となった場合、救急隊員が蘇生処置を中止するかどうかの対応について、医師や救急救命士らでつくる「日本臨床救急医学会」は7日、統一した手順を初めて公表した。

 同学会は、かかりつけ医の書面(指示書)と電話による確認ができれば蘇生処置を中止すると提言した。

 119番通報で駆けつけた救急隊員は、まずは蘇生処置を行うのが原則だ。ところが、厚生労働省研究班が、295人の救急隊員を対象に調査したところ、隊員の47人(16%)は、患者本人が書面で蘇生処置を希望しない意思表示をしていたケースを経験していた。

 しかし、そうした場合に蘇生処置を中止するかどうかは消防本部によって対応が分かれており、統一的な指針が求められていた。

 同学会が示した手順の対象は、末期がんや進行性の難病などで心肺が止まり、延命治療を希望していない終末期の患者。駆けつけた隊員は、患者の心肺停止を確認後、まずは蘇生処置を始める。その上で、本人が蘇生処置を望まない意思を示して署名したかかりつけ医の指示書があり、同医師に電話で直接確認できれば、蘇生処置を中止できるとした。

 ただし、同医師に連絡がつかない場合、救急隊員への助言を担当している地域の救急医に代わりに指示を求めるとしている。同学会は「この手順を参考に、各地の消防本部などで検討し、適切な対応に生かしてほしい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事