文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

慢性心不全患者、がん発症率1.7倍に高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 慢性心不全の患者は、がんを発症するリスクが1・7倍に高まるという研究結果を、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)のチームがまとめた。チームは「心不全で発がんを促すホルモンなどが分泌される可能性がある」としている。論文が7日、日本高血圧学会誌電子版に掲載される。

 チームは、2001~13年に同センターに慢性心不全で入院した約5200人のがん発症率を計算した。

 その結果、慢性心不全患者のがん発症率は2・27%で、このうち心不全と診断された後にがんが発見された人では0・99%だった。国立がん研究センターが公開している日本人全体の発症率(0・59%)の1・7倍で、心不全とがん発症に強い関係が認められた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事