文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

「前の医師の処方薬で副作用」…そう診断した医師のとるべき行動は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「前の医師の処方薬で副作用」…そう診断した医師のとるべき行動は

 医師のプライドを守るより、患者さんへの利益を守ることが大切。最近はやりの言い方をするなら、「患者ファースト」です。

 では、もし前の医師の処方が患者に不利益をもたらしていると判断した場合、その診断医はどういう行動をとるべきなのでしょうか。

 例えば、比較的重症なアレルギー性結膜炎やぶどう膜炎で、長年副腎ステロイドの点眼を継続していて、ステロイド性の高眼圧症や緑内障を発症してしまうことがあります。最近は医師がかなり注意していて、副作用の少ない薬剤の開発で随分少なくなりましたが、30年前は代替薬もなく、そういう症例はよくありました。

 もしストレートに「前の医師の処方薬が副作用を起こした」と言えば、その副作用のところだけを切り取って悪者にし、ついにはそれを処方した医師を悪者にするという短絡が起こるかもしれません。

 私は、なぜこの薬が必要だったか、しかしあらゆる薬には副作用があるが、今それが出てきているという事実をできるだけ丁寧に説明することにしています。

 いかなる薬にも作用と副作用があることは当然ですが、その前提が医師・患者間で共有されていないなと思うことがあります。

 欧米人は、薬に副作用があるのは当たり前、その薬物に自分が求める効果があるなら、多少の副作用は許容する人が多いです。しかし、日本人は、副作用は大小によらず敵だという潔癖さがあり、副作用を過度に恐れて利用すべき薬を拒絶してしまう例もよくみかけます。これが、しばしば紛争や訴訟に発展する一因となります。

 さて、今私が一番悩ましく思っているのは、薬物性 眼瞼(がんけん) けいれんや、「ベンゾジアゼピン(以下ベンゾ)眼症」です( 2016年8月11日コラム参照 )。

 ベンゾ系薬物や同様の作用を持つ非ベンゾ系薬物の連用が、 (まぶた) の運動異常や、目や視覚の快適さを損なうことにつながることはまだまだ知られていません。

 特に、これらの薬物は、ほとんどが精神科、心療内科、一般内科など非眼科から処方され、処方医に目や視覚の症状を訴えても取り上げられないか、眼科医に相談するように言われます。一方の眼科では、そうした薬物の副作用には関心が薄く、服薬歴を聞く医師はまれです。

 このために、これらの薬物の連用によって出現してくる薬物性眼瞼けいれんは、よほど重症化して瞼の周辺に不随意運動(ジストニア)が出現する事態に至らない限り、放置されがちです。

 そういう症例を見いだした場合、私は「日本にはベンゾ系を軽い薬だとして多用してきた歴史があり、それが今もなお続いていて、欧米に比べて意識に遅れがある。でも、これをうまく減量、できれば最終的に使用を中止していかなければ、あなたの症状は進行こそすれ、改善するチャンスを失う」ことを説明します、そして、文献などをつけて可能な限り薬物の減量・中止や変更を求める情報提供書を処方医に書くことにしています。処方医の7~8割は協力的です。(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任。15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人 心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」、「蓮花谷話譚」(以上青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半は講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事