文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 西川きよしさん

一病息災

[タレント 西川きよしさん]前立腺がん(3)おむつや尿漏れ 隠さず話す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前立腺を取った後に直面する尿失禁。肛門付近の「骨盤 底筋ていきん 」がゆるむことで起こる。おむつを着けた年配の患者は、恥ずかしがったり、尿漏れが気になったりして、人前に出たがらなくなるという。

タレント 西川きよしさん]前立腺がん(3)おむつや尿漏れ 隠さず話す

 「ぼくは、病気のことで相手に変な気を使わせるのが嫌なので、すべてオープンに話しています。それに今は、良いおむつや尿パッドがたくさん出ています。よかったら紹介させていただきますよ」。おどけた口調は、同じ病気の「仲間」に送る西川さん流のエールだ。

 尿失禁の多くはリハビリで治る。あおむけに寝て片方の膝を立て、爪先を下げると同時に肛門をキュッと締める。これを繰り返す。座ったり立ったりした状態で行う方法もある。時間は短くても毎日続けることが大切だ。「小さなことからコツコツと」と笑う。

 昨年2月、手術から約1か月で仕事を再開。その後、おむつは外れたが、今も尿パッドを着けている。「くしゃみをしてチョロッと漏れることもある。お客様の前で粗相があってはいけませんから」と話す。

 昨年は手術直前に95歳の実母が亡くなった。漫才コンビ「横山やすし・西川きよし」の幻の結成50周年で仕事も増えた。国会議員としての功績が評価され、秋の叙勲で旭日重光章を受けた。「ぼくにとって、まさに『乱』の1年でした」

  タレント  西川(にしかわ) きよしさん(70)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

タレント 西川きよしさん

最新記事