文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

失業したら、どうすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

雇用保険から失業給付

失業したら、どうすればいいの?

id=20170327-027-OYTEI50008,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

失業したら

どうすればいいの?

 突然、勤めている会社が倒産したらどうすればいいだろう。転職したくて会社を辞めても、次の仕事が見つからないかもしれない。働かなければお金が得られず、生活に困ってしまうね。

 そんなときのために、会社と社員がお金を出し合って備える「雇用保険」という仕組みがある。生活の心配をせずに就職先を探せるよう、雇用保険から「基本手当」(失業給付)というお金を受け取れるんだ。

 1日当たりの受給額は、離職前の賃金日額の45%~80%。この割合は、賃金が多かった人ほど低くなる。受給するには、離職前の2年間で通算12か月以上の雇用保険加入期間が必要だ。倒産や解雇の場合は、1年間で6か月以上でもいい。

 手続きは近くのハローワークで行う。職業紹介などをする国の機関だ。求職の申し込みをした上で、必要書類を提出し、受給資格があると認められると、最短で7日後の分から給付が始まる。その後も4週間に1度、認定を受ける必要があるよ。

 給付を受けられる日数は、年齢や離職した理由、加入期間などで決まる。転職などの自己都合で離職した場合は原則90~150日、倒産や解雇などによる離職は原則90~330日だ。ただし、離職の日から1年が過ぎると、受給日数が残っていても給付は打ち切られる。

 注意しなければいけないのは、会社を辞めた人が全員、給付を受けられるわけではないこと。雇用保険の「失業」とは、働く意思と能力があるのに就職できない状態を指す。積極的に求職活動をして初めて、給付の対象になるんだ。家事に専念したりする場合も対象外だよ。

 就職活動をしていないのに「採用面接を受けた」とうその申告をしたり、自営業の収入があるのに隠したりするのはルール違反。不正に受給すると、お金を返すだけではなく、受給額の2倍の納付を命じられることもあるんだ。

 雇用保険には、簿記など就職に役立つ教育を受けたり、資格を取ったりすると、かかった費用の一部を補助する制度もある。有効に活用したいね。(小沼聖実)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事