文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

虹色百話~性的マイノリティーへの招待

コラム

第76話 お墓とお寺と「LGBT」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

メディアの過剰な「LGBT押し」?

 最近、東京の寺院が「日本初LGBTも入れるお墓」とメディアで報じられているのを見かけて、「あ~あ、LGBTブームもここまで来たのか」と 暗澹(あんたん) たる気持ちでいました。 第74話 でも述べましたが、「LGBTに優しいトイレ」とか「LGBTフレンドリー○○」が最近インフレ気味で、ついにその波がお墓にまで来たのか、と。

 これまで世間が気づかなかった性的マイノリティーの存在と課題に気づき、「自分たちでもなにか取り組みたい」と動きはじめてくれたことはありがたいが、「こうして私たちはまた『特別の配慮が必要な方々』になっちゃうのね」と。

 いつも言うことですが、LGBTという特定の対象を (くく) り出して「ご配慮」するのではなく、性別・性的指向・性自認にかかわらず、一人ひとりが生き苦しい思いをしないで済む社会にすることが肝心で、非LGBTとされる人にも等しく関わる問題です。レインボーマークでもつけたお墓ができて、「LGBTのかたはこちらへ」と言われたらかなわんなあ、「地獄への道は善意で舗装されている」とはこれか、と思っていたのです。

 そうしたら、そのお寺、江戸川区にある 證大寺(しょうだいじ) のさんの広報のかたが、性的マイノリティーの老病死の課題に取り組んでいるということで、私たちパープル・ハンズをネットで尋ねあてて先日ご 挨拶(あいさつ) に見えたのにはちょっと驚きました。聞けば、事情は全然違っていたようです。

 同寺は「誰にも開かれたお寺」を目指してこれまでもいろいろな活動をするなかで、(確かに話題に触発された面もあるでしょうが)LGBTのかたにもお寺に 馴染(なじ) んでいただきたい、ということで、まずはある研修会社に依頼して寺内の研修に取り組んでみた。つぎに当事者に呼びかけて座談会を開催し、話題の一つとして同寺のお墓についても紹介した。また、同寺に 合祀(ごうし) 墓はあったが、最近、国籍・性別・法的関係など不問のユニット単位で利用できるお墓を作った(一定年限後、合祀墓へ合祀)――。実は現住職の夫人は韓国から迎えたそうで、国籍不問にも思い入れがあるそう。

 ところが、そういう寺側のスタンスが、取材したメディアの筆にかかると、「日本初LGBTも入れるお墓が登場」になったようなのです。昨今メディアの前のめりな「LGBT押し」がこんな記事になったのか……。どうも「LGBTのためのお墓」ばかりが目立ってしまい、ネット上では歓迎よりも「これってどうよ」という当事者の反応が多いと感じられました。はじめから、「みんなのお寺、みんなのお墓に、LGBTのかたもどうぞ」だと、印象はずいぶん違うんですけどね。

 実際、とかく「日本初」が強調される昨今のLGBT 界隈(かいわい) ですが、90年代のHIV登場時代から、ゲイや病に理解をもって受け入れてきた寺院やお墓もなくはないですし、都内の寺院にすでに合同墓を建立している当事者グループも実際あります。たぶん90年代以前にも、人のご縁と理解のなかで、性的マイノリティーの「葬」と「喪」はなんらかのかたちで営まれていたに違いありません。たしかにいまは新しい変化がつぎつぎ起こりつつありますが、安易に「日本初」を言うことなく、記録に残されなかった過去への想像力も忘れたくないと思っています。

現代はお墓も曲がり角

 ところで、性的マイノリティーとお墓について、ちょっと考えてみましょう。パートナーと一緒にお墓を買いたい、入りたい、という願いは、どこまでかなうのでしょうか。

 公営であれ民間であれ、継承者がいないと墓地は購入できないのが一般的です(正確には墓地の所有権ではなく利用権ですが)。購入できないなら、自宅敷地にお墓を作ってもいいのか? 遺骨は墓地として都道府県知事が許可した場所でなければ埋葬できません(墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法))。ということで、子(継承者)のいない同性カップルが新たにお墓を作るのは難しいでしょう。

 とはいえ、継承者がいないのは昨今、性的マイノリティーに限った話ではありません。それで寺院などの納骨堂に人気が集まっているわけです。お骨を合祀するものや、機械式駐車場よろしく番号を押すと 骨壺(こつつぼ) が拝礼所に出てきたり、家族単位で納骨するお 厨子(ずし) タイプだったり。公営墓地も、納骨堂や合祀墓、樹木の回りに骨灰を埋めるものまで、個人で申し込むタイプが増えています。

 昨今は、おひとりさま女性のNPOがお墓を建立し、生前から「墓友」として交流する動きも。私たちパープル・ハンズでも将来、性的マイノリティーのみんなで入れる“虹のお墓”を作りたいと思っていますが、そのときはカップルさんもおひとりさまも、ぜひ、ご予約くださいね(笑)。

 ことほどさように戦後の核家族化につれて隆盛を誇った家単位のお墓(家墓)はどんどん変容し、夫(婚家)の墓はいや、友人とのお墓がいい、一人のお墓がいい、ペットも入れるお墓など、埋葬のかたちも個人化、自由化へ進みつつあります。同性カップルで、すでになんらかの手を打っている人もいるかもしれません。

 さらに、散骨を口にするかたも多いですね。さまざまなNPOや事業体が引き受けており、墓埋法との関連で陸上ではなく、海への散骨が一般的です。船の一 (そう) 借り、複数故人での相乗り、遺骨を預かっての散布など、こちらもご予算しだい。パープルへ終活の相談に来るかたも決まって「散骨を」とおっしゃるのですが、「遺族もいないし自分の存在を消してしまいたい」、みたいな性的マイノリティーのちょっと悲しい気持ちもほの見えて、私は少しだけ胸が痛いのですが、ご相談者の本心はわかりません。

 ともあれ、お墓自体はじつはすでにいろいろな方法はあるのですが、むしろパートナーなどが親族に優先して相手の葬儀や埋葬にあたることができるのか、が問題かもしれません。親族から「お骨はこちらで引き取って家のお墓に入れる」「親戚の手前、お葬式に来ないでほしい」と言われた、さらには親戚の奇異の目を恐れて自分から友人という立場で末席に座ったなど、悲しみに追い打ちをかける話も聞かないわけではありません。

 遺言は財産処分の指定のほか、祭祀主宰者の指定も行え、葬儀やお墓のことはパートナーに任せたいという本人の遺志を明確にすることができます。こうした法的書面での対策も大事です。

 法的対応だけでなく、人間の通過儀礼として、冠婚葬祭はやはり大切なもの。性的マイノリティーの「婚」(同性ウェディング)や「冠」(LGBT成人式)には多くの人が心を動かされますが、「葬」(葬儀)や「祭」(法事、周年での追悼会)の場面でも故人と心安らかに過ごせる時代が訪れてほしいものです。

お寺の「癒やし」は性的マイノリティーにも大切

 はじめの證大寺さんにかえりましょう。

 お墓もさることながら、まずはお寺をこれまで縁遠かった人に開いていきたい、という思いがあるとのこと。私は郷里が弘法大師の本場、四国のせいなのか、あるいは長年愛聴した永六輔さんのラジオ番組の影響なのか、お寺や仏教が好きですが、性的マイノリティー当事者にも、老病死を考えるなかで仏教への関心をもっている人も少なくないようです。パープル・ハンズのイベントで以前、超宗派でテレホン相談などにあたる 一般社団法人仏教情報センター のお坊さんたちに来ていただいたときは、普段より参加者が多く好評でした。それをご縁に、私が先方の会でお話ししたり、自宗派の人権研修に呼んでくださることも出てきました。仏教者も頑張っています。

お墓とお寺と「LGBT」と

パープル・ハンズのイベントで、仏教情報センターのお坊さんを迎えて。浄土宗、日蓮宗、天台宗、浄土真宗のお坊さんたち(真言宗のお坊さんは当日インフルエンザで欠席)。2016年2月

 お寺は本来、「癒やし」と「学び」と「楽しみ」の場。全国各地でユニークな試みをしている寺院はたくさんありますし、評判の悪い「葬式仏教」をむしろグリーフワークと位置づけ、現代の生と死を問いかける場として取り組むお坊さんもいます。

 こころの問題は現代人として避けて通れないし、性的マイノリティーにはメンタルヘルスの悪い人や、また自死や種々の依存症をはじめ「生きづらさ」を抱える人も少なくありません。「癒やし」をめぐっては心理カウンセラーなどもいろいろ役目を果たしてくれていると思いますが、こころという形の見えないものに手をつけるだけに、当事者の不全感や欠損感につけこんで、へんなメンタルコーチが横行するなどで被害が生じているという話も耳にします。

 伝統仏教は、長い歴史や伝統的教学、方法論(修行法)の蓄積に照らしながら、こころに触れる大切さと危うさをわきまえて取り組める人たちではないかと思うのですが、期待しすぎでしょうか?

 急で申し訳ありませんが、じつは明晩(3月24日金曜)、證大寺さんで何回目かのLGBTをテーマとする講演と集いがあります。今回は男性からのトランスジェンダーであることを公表している 柴谷宗叔(しばたにそうしゅく) 尼が参加。柴谷師はじつは元読売新聞大阪本社の記者で、退職後、出家得度、高野山で僧侶資格を得ました。性別移行手術と戸籍変更後、僧籍簿の性別も変更されたのは高野山1200年の歴史で初めてと、師を紹介した新聞記事で見た記憶があります。性的マイノリティーの駆け込み寺を作りたいと関西で活動中とか。当事者のキリスト教牧師はそこそこいますが( 第26話 )、カムアウトした仏僧はまだ珍しい。

 集いは夜7時から歌舞伎座横の同寺銀座道場で。参加費は無料。詳細・申し込みは直接、広報担当へとのことです( rfunai@sinran.com )。縁遠かった、でも気になる仏教について、いろいろ聞いてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

永易写真400

永易至文(ながやす・しぶん)

1966年、愛媛県生まれ。東京大学文学部(中国文学科)卒。人文・教育書系の出版社を経て2001年からフリーランス。ゲイコミュニティーの活動に参加する一方、ライターとしてゲイの老後やHIV陽性者の問題をテーマとする。2013年、行政書士の資格を取得、性的マイノリティサポートに強い東中野さくら行政書士事務所を開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、事務局長就任。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』『同性パートナー生活読本』など。

虹色百話~性的マイノリティーへの招待の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

LGBTブームのその先

ぱんな

昨今、Twitterを眺めていますと、高校生のゲイが、家族に、クラスメイトにカミングアウトした、と報告しているリツイートがまわってきます。べつに...

昨今、Twitterを眺めていますと、高校生のゲイが、家族に、クラスメイトにカミングアウトした、と報告しているリツイートがまわってきます。べつに社会運動に興味はなさそうな、普通の子が、です。私のようなおっさん世代はこんなこと望めませんでしたね。

ブームは本当の理解か、なんて議論は、ナチュラルにカミングアウトする世代にとっては、どうでも良いものになっていくのかも知れません。

つづきを読む

違反報告

死んだ後のことなんてどうでもいい

カイカタ

それは残された人が、どうしたいか考えればいいのではないでしょうか。 私は、死んだ後に、沖縄のとある海に散骨していただくことを望んでいます。そこっ...

それは残された人が、どうしたいか考えればいいのではないでしょうか。

私は、死んだ後に、沖縄のとある海に散骨していただくことを望んでいます。そこって、ニュースでよく話題になるところ。とてもきれいで神秘的な海です。漁業権は放棄されているので、散骨は可能だと思います。海の中で珊瑚、クマノミ、ジュゴンと戯れたいと思っています。また、滅多に目にすることはできませんが竜もいると思われます。

そのためにも、その海を破壊せず、保護活動に精を出している今日この頃です。

自分の墓など無くてもいいです。遺された人の記憶に少しでも残っていれば。

そういう選択肢を実現できるような世の中になってほしいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事